しくじり⑭【姉さん事件です!】締め出され事件簿。

どーも、しくじりママです。

2~3才の子どもがいるママなら1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

そう、

締め出され事件。

パパパパパッパパパパパッチャーラー♪

私はあります。そう二度もね。

まず1回目、長女3歳のとき。
ベランダで洗濯物を干しているときに事件は起こりました。

洗濯物を干していると、後ろから

ガチャッ

振り向くとそこには窓越しに去っていく長女の姿が。

「 ヤバイ! 」

そう思って、すぐ窓を叩く。

ドンドンドン!ドンドンドン!!

「(長女)ちゃん、あけて~!」

長女を刺激しないよう冷静を装う。
長女が泣いてしまっては台無しだ。

 

すぐさま長女は戻ってきて、なんとか窓越しに鍵の開け方を教え、解錠成功。

「 ふぅ~ 」

妊婦だった私は、これがもしこのまま放置されるとなったら….
考えただけでゾッとしました。

が・・・しかーし、2回目。

幼稚園にいる長女を除いて、二女(2歳)三女(6ヶ月)と過ごしていた真夏のお昼前。

「 こんなに暑いからお花も干乾びちゃうなぁ。ママお水あげてくるね 」

バウンサーで寝ている三女を確認し、テレビのわんわんに夢中な二女にそう告げると、外へ。

お花といえど、植木鉢はたったの2個。
長女の気まぐれで育てていたひまわりにチャチャッと水をあげて戻ろうとする。

あれ?

ドアが開かない。

ドンドンドン!

「(二女)ちゃーん、あけてー!」

反応なし。

ドンドンドンドン!

「 おーい! 」

ドアに耳をあてても何も聞こえない。。

携帯は家の中。

オーマイ…なんてこったい…

ふと自分の姿を確認すると

・すっぴん
・ちょんまげ
・パジャマに使っているくたくたのTシャツ
・無駄に短パン
・エプロン
・クロックス

そう、夏の午前中なんて、家事してたら汗だくでしょ?
外に出る予定もないし(いや、現在外だけども)
完全オフモード!!!

どどどどどうしよう・・・

1階の窓はシャッターが閉まってるし、他の窓も鉄格子。
くそぅ、防犯が逆に仇となったかぁ。

じゃぁ、二階に上がって窓を開けるか?

だめだ、足元はクロックス…
無駄な露出で攻撃力も下がっているではないか!

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!
スタンドも使えるわけがねぇ!

危険すぎる…

何度ドアを叩いても何も聞こえない。長女のときのベランダに比べて、玄関のドアははるかにハードルが高いではないか。

落ち着け・・・よく考えるんだ・・・

ぽくぽくぽく チーン!

そうだ、隣の人だ!!

私はすぐさま、

( オバサンが出てきますように・・・ )

大学生の息子たちが出てこないことを祈りながら隣の佐藤さんの呼び鈴を鳴らす。

「 ハーイ 」

やった!出てきたのは佐藤のオバサン!

「実は、かくかくしかじか・・・」

「あらぁ、まるまるうまうま・・・」

早速事情を説明し、旦那の携帯に連絡を取ってもらう。

旦那に話すと、今は帰宅できないとのコト。

ガッデム!!!!!

「 うーん、オヤジに行ってもらうわ。」

お、オヤジ?!

オヤジとは義父のこと。※詳しくはしくじり⑪結婚のススメ参照

「え、嫌だ、こんな格好なのに。。。」

「そんなこと言ってる場合じゃないだろ、俺もまだまだ帰るのに時間かかりそうだし…」

ガーーーーーーーーーン

旦那の実家は車で10分かからない、まさに味噌汁の冷めない距離。

良かったのか、悪かったのか・・・

いや、よかったんだ・・・

しばらくすると、真っ黒のハイエースでオヤジ到着。

オヤジは大人しい性格なので、私の格好に触れることも、一連の出来事に触れることもないまま鍵をもらい、いざドアをオープン。

「ギャーーーーー!」

オムツ姿で号泣してる二女が立っていましたとさ。

締め出され時間20分。

号泣の最中、三女は寝ていてほっと胸をなでおろしました。
子どもの好奇心は侮れない。

みんなも気をつけなはれや!

\\\みんなのしくじり体験談募集!!///

妊活中、妊娠中、出産、産後、育児、子育て中にあなたが「あ~、やっちゃったなぁ~」と思うような、しくじりエピソードを教えてください。

今だから笑える、恥ずかしかったエピソードだったり、羽目を外してしまったエピソード(体験談)など…

採用された方はfamy編集部よりご連絡させていただきます。
3+

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
しくじりママ
しくじりママ
三姉妹のしくじりママ。好きな食べ物はビールです。
料理も家事も見た目も普通。良いママになりたい気持ちはあるものの、なかなかうまくいかなくて、不安になることもたくさんありました。
でも、悩んだ日々も思い返せばおもしろいことだらけ。
自分のダメダメエピソードをいかにおもしろく語れるかに命を懸けています。

関連キーワード

famy(ファミー)とは?

世界中のあらゆる家族がいつでもどんな時でも、ワクワクになれる情報メディアサイトです。
子どもたちはパパとママが大好き。パパとママがワクワクしてキラキラ輝いている姿を見るのは、もっともっと大好きです。
famyは、世界中の家族が幸せになれるワクワクであふれた世界を目指しています。
 famyについてもっと詳しく!