しくじり⑬格闘!子どもの指しゃぶりをやめさせたいの!


どーも。しくじりママです。

皆さんのお子さんは指しゃぶりしますか??

うちの子供たちは3人中2人指しゃぶりしてました。

ほぼ7割。全盛期の新庄並み。

まずは長女。

1歳になる頃にはもう指しゃぶりを始めていました。
吸う指は中指と薬指。

タオルを持つと指を吸ってそのまま眠りにつくので、親としては寝かしつけがすごーく楽でした。
そう、泣いていてもタオルをスッと渡すと指吸って寝てくれるんですもん。

親としても楽だったので、そのまま見過ごしていましたが、4歳のときにさすがに心配になって、『 指しゃぶり止めたらスマホで遊んでいいよ 』と交換条件を持ち出すと、あっさり卒業。

そのため、二女が指しゃぶりを始めても、すぐにやめれるだろうと思い込んでいました。

しかし、現実はそんなに甘くはなかった!

 

二女。

彼女は現在進行中。1歳になる前からパパの耳たぶを触ると指を吸い始め、いつしか自分の耳たぶ、私の二の腕や、三女が生まれると三女の足を触りながらチュッチュッチュッ。

吸う指は右手人差し指と中指。

小学生になった今も、学校から帰るとところ構わず指を吸いまくっています。

(学校ではさすがに恥ずかしいらしく、学校では吸わないそう。)

外で我慢できるんだったら家でも我慢できるのでは?と、いつも突っ込んではいますが知らんふり。

そういうわけで彼女の人差し指と中指は、ヨダレまみれでデススメル(死の臭い)。

ケンカになると
黄金の右手攻撃じゃぁぁぁぁアーーーーーー

と姉妹を攻撃します。

やめて。

三女は2歳すぎても授乳していたからか、全く指しゃぶりナシ。その代わり断乳にかなり苦労しました。それはまた別の回で♪)

歯並びは気になりますが二人とも今のところそこまで影響はなし。

子どもが指を吸うのは愛情が足りてないからだ!
と、周りに言われて悩んだこともありました。

長女も二女も生後半年で完全ミルク育児になったので、それが原因なのかな・・・と考えたり。

あっさり卒業できた長女に対して、二女はなかなか手ごわい指しゃぶり有段者。いつか止めるだろうと思っていたのに全然止める様子なし。

さすがに小学校に上がる前にはと、重い腰を上げ、指しゃぶり卒業へ向けて戦いが始まりました。

【対策その1】

インフルエンザや感染症の流行る季節にアルコール消毒やハンドクリームを塗る!

結果・・・

『 やーめーてーよぉぉー 』

号泣してトイレに駆け込み手を洗い終了。

カンカンカンカン!!

【対策その2】

マニキュアを塗りたいと言う次女に、『 マニキュア塗ったら指吸えないよ! 』と、舐めたらお腹痛くなると思わせる。

結果・・・

吸う指以外にマニュキアを塗られて終了。

カンカンカンカン!!

【対策その3】

指しゃぶりをしているときに鼻をつまむ。

結果・・・

鼻をつまむと口で息をめげずに繰り返し、根負けして終了。

カンカンカンカン!!

トホホ・・・・

そんなあくる日、旦那側の親戚との食事会があり、隣になった義母と義姉に、ふと二女の指しゃぶりについて相談してみることにしました。

私『(二女)が指しゃぶりなかなか止めないんですよ~もう小学生になるのに・・』

義母『そうなのね~!でもあの子(旦那)もずっと指しゃぶりしてたわよ~』

私『え、そうなんですか??』

話を聞いてみると…

旦那は中指と薬指を指しゃぶりをし、さらに小指で鼻をほじっていたという更なる指しゃぶりのプロ!

お前もか——!!!

そう、旦那がブルータスだったのだ。

我が家の指しゃぶり率75%だった事実。

その後、【何か不安なときに指しゃぶりをする場合もあるけど、日常的に指しゃぶりをしてしまうのは癖だから、そんなに不安になることはありませんと、どこかで読んだ本の情報を得て、特に無理やり止めさせるのではなく、様子を見ていました。

が、今回このコラムを書いていて改めて指しゃぶりに対面してみると、

さすがに小学生の指しゃぶりはやめさせないとダ~!

どのサイトにも書いてあるではないか!!!欽ちゃんゴメンて!

現在二女8歳。

どうやら、もう一度指しゃぶりと戦う時期がやってきたみたいです。

さぁ、結果はいかに?!

\\\みんなのしくじり体験談募集!!///

妊活中、妊娠中、出産、産後、育児、子育て中にあなたが「あ~、やっちゃったなぁ~」と思うような、しくじりエピソードを教えてください。

今だから笑える、恥ずかしかったエピソードだったり、羽目を外してしまったエピソード(体験談)など…

採用された方はfamy編集部よりご連絡させていただきます。
3+

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
しくじりママ
しくじりママ
三姉妹のしくじりママ。好きな食べ物はビールです。
料理も家事も見た目も普通。良いママになりたい気持ちはあるものの、なかなかうまくいかなくて、不安になることもたくさんありました。
でも、悩んだ日々も思い返せばおもしろいことだらけ。
自分のダメダメエピソードをいかにおもしろく語れるかに命を懸けています。

関連キーワード

famy(ファミー)とは?

世界中のあらゆる家族がいつでもどんな時でも、ワクワクになれる情報メディアサイトです。
子どもたちはパパとママが大好き。パパとママがワクワクしてキラキラ輝いている姿を見るのは、もっともっと大好きです。
famyは、世界中の家族が幸せになれるワクワクであふれた世界を目指しています。
 famyについてもっと詳しく!