【0歳からの絵本】わらべうた絵本『ととけっこうよがあけた』

ととけっこう よがあけた

こばやしえみこ
ましませつこ
出版社 こぐま社
価格 900円+税
サイズ 20×21cm
対象年齢 0歳~
読み聞かせにかかる時間 2分

テーマ

内容

「ととけっこう よがあけた まめでっぽう おきてきな」という元唄のわらべうたを展開させ、元気なニワトリさんがいろいろな動物の子どもたちを起こして歩く、という絵本。寝坊すけの子も、こんな唄で起こされればぐずらないかも。

【参照サイト】
こぐま社:http://www.kogumasha.co.jp/product/338/

絵本のみどころ

わらべうたを専門的に研究していらっしゃる作者が、『ととけっこうよがあけた』というわらべうたを取り入れて作られた絵本です。

「ととけっこう よがあけた~」の同じフレーズが繰り返し使われ、繰り返し表現が大好きな赤ちゃんにとってとても楽しい絵本となっています。

繰り返し表現は、大人にとっては退屈なものに感じるかも知れませんが、赤ちゃんにとっては全然違います。

繰り返し同じ言葉を使うと、赤ちゃんはその言葉がまた出てくるを予想して、期待をするようになるのです。そして「ととけっこう~」のフレーズを期待して、本当にその言葉がまた出てくると、赤ちゃんは期待していたものが得られ、安心するのです。

繰り返し表現が使われていることだけではなく、この絵本はわらべうた絵本なのでリズミカルに読むことができます

簡単なリズムなので、一度読んだらママもパパも覚えてしまうと思います。

たぶん無意識のうちに口ずさんじゃうかも…。実際、私も口ずさんでました(笑)

絵本を毎回開いて読まなくても、朝になったら赤ちゃんが近くにいる所で家事をしながら口ずさむというのもいいかもしれませんね。

作者の小林さんも述べられていますが、「ととけっこう よがあけた 〇〇ちゃん おきてきな」の所にお子さんの名前を入れて歌ってあげると、より喜んでくれることでしょう。

絵本の最後には「ととけっこう よがあけた」の簡単な楽譜も載っていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

この絵本があなたとお子様の宝物になりますように。

2+

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
さーや
さーやfamy編集部
子どもがとっても大好き、さーやです!
自身が持っている幼稚園教諭・小学校教諭の免許を活かしながら、世の中のパパ&ママの手助けとなるような情報を届けていきます。
私たちと一緒に、famyから笑顔の輪を広げていきましょう!