【4歳からの絵本】読み継がれてきたロングセラー『ちいさいおうち』

ちいさいおうち

バージニア・リー・バートン
石井桃子
出版社 岩波書店
価格 640円+税
サイズ 20.7cm×16.7cm
対象年齢 4歳~
読み聞かせにかかる時間 15分

テーマ

内容

静かな田舎に、ちいさいおうちが建っていました。やがて道路ができ、高い建物が建ち、まわりがにぎやかな町になるにつれてちいさいおうちは、ひなぎくの花が咲く丘をなつかしく思うのでした。美しい名作絵本。

【参照サイト】
岩波書店:https://www.iwanami.co.jp/book/b254914.html

絵本のみどころ

著者がもともとデザイナーとして働いていた方なので、絵と文章の位置などにデザイン性のあるところが特徴です。文章の配置のさせ方など、他の絵本と違って面白いですよ。
内容は、自然の移り変わりの美しさや自然の大切さを伝えてくれるものとなっていて、読み終わった後にふと考えさせられます。

みどころとしてもう一つ、見開きの絵が自動車の歴史になっているんです!
ですので、一緒に読むときはお子様に見開きも見せてあげるといいですね。
そういった細かな所にも注目したい絵本です。

あとはこのお話の主人公であるちいさいおうちの見た目が、人の顔のようになっているのですが、ページを一枚ずつめくっていくとその顔の表情が少しずつ変わっていくんです。
悲しい場面は悲しそうに。嬉しそうなときは笑っているように。
このちいさいおうちを人のように捉えて読むのもまた面白いかもしれません。
やさしい雰囲気をまとった絵本なので、やさしい声色で読んであげるといいですね。

この絵本があなたとお子様の宝物になりますように。

8+

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
さーや
さーやfamy編集部
子どもがとっても大好き、さーやです!
自身が持っている幼稚園教諭・小学校教諭の免許を活かしながら、世の中のパパ&ママの手助けとなるような情報を届けていきます。
私たちと一緒に、famyから笑顔の輪を広げていきましょう!