運動会で子どもを撮るためのおすすめパパ向け高性能カメラ

2ヶ月後には小学校の運動会が…!
普段はスマホのカメラで十分だけど、行事の日くらいは綺麗な写真を残してあげたい!
でもカメラって何を買えばいいのかさっぱり分からない!

そんなパパのために、動き回る子どもが撮れるカメラを選びました!

買うなら一眼レフ?それともミラーレス?

初めてカメラを買う時にこれほど頭を悩ます疑問は他にはありません(笑)

イメージとしては

一眼レフの方が画質が良くて、ミラーレスはそうでもない
一眼レフは難しくて、ミラーレスの方が簡単そう
一眼レフは性能がいいから値段が高い、ミラーレスはそうでもないから安い

といったところでしょうか?

確かに一昔前のミラーレスカメラは技術的に一眼レフに追いついてない部分が多かったです。

しかし今となっては一眼レフと引けを取らないほどの性能を持つミラーレスカメラが世に出ています!
なので自分のスタイルに合ったカメラを選べば一眼レフと同等か、それ以上のお仕事をしてくれますよ(^^)

「一眼レフ or ミラーレス」については、どちらを選んでも問題ないです!

子ども撮りのポイント

今回は運動会を前提にしています。
しかし子どもを撮るとなると基本的に動いている状態が多いと思います。
(もちろんスヤスヤと寝ている姿を撮ることも楽しいですけどね♪)

そこで僕からお伝えしたいポイントは大きく言って3つしかありません!

【ポイント】
①:オートフォーカスが速い、範囲が広い(AF点が多い)
②:本体・レンズが小さくて軽い
③:撮影を楽しむ♪

①:オートフォーカスが速い、範囲が広い(AF点が多い)

これは

オートフォーカスの速さ=「ピント合わせの速さ」
AF点(オートフォカスの範囲)=「ピントが合う部分・範囲の広さ」

という意味です。

ピントが遅いと欲しかった一瞬が過ぎ去ってしまいますし、
AF点が少ない(範囲が狭い)とカメラに慣れていない方は子どもにピントが合わない時があるので、重要なんです!
(注意していただきたいのは、AF点が少ないからといって必ずしもそのカメラの性能が悪いというわけではないです!)

②:本体・レンズが小さくて軽い

カメラが大きくて重いと持ち運ぶことすら億劫になってしまいます、、、
これでは写真を撮る機会が自然と減っていってしまう!
せっかくカメラを買ったのにもったいないですよね(^_^;)

③:撮影を楽しむ

ポイントというより、いち写真家としての気持ちです、、、(笑)
楽しむことで次はこんな感じで撮ろうというアイデアが出やすくなって、技術も自然と磨かれていきますからね♪

ではここから僕がオススメするカメラをご紹介します!

運動会にオススメのカメラ

オートフォーカスの速さ・範囲の広さ(AF点の多さ)と持ち運びやすさを中心に、読者のあなたにオススメできるカメラを選んでみました!

皆様のお役に立てれば幸いです♪

① SONY α6000


SONYの初心者向けのミラーレス一眼ですが、性能自体は極めて高いです。
ミラーレスだからといって侮ってはいけません(笑)
オートフォーカスの速さは「0.06秒」とかなり速い!
そしてAF点も179点あります!
=ピントの合う範囲がとても広い!
なので驚くくらい被写体にピントが合わせやすいです。

持ち運びやすさの基準である重さは、本体のみで344g!
標準のレンズと組み合わせても460gしかありません!
僕が普段使っているカメラ+レンズが985gなので、ほぼ半分の重さです(笑)

背面の液晶画面は上下に動かせるので撮影の幅が広がります。
交換レンズも豊富ですので、用途に合わせて今後増やしていくこともできますよ!

ピント合わせが速い・ピントの合う範囲が広い小さくて軽いボケが楽しめるなど総合的に考えるとこれが一番オススメです。

② OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ

オリンパスの初心者向けミラーレス一眼です。
女性向けのイメージのあるオリンパスですが、このカメラは重厚感があってかっこいいと思います。
特徴は秒間8.5枚の連写機能タッチAFシャッター手ぶれ補正機能です。
連写の枚数が多いので、動きの多い運動会で十分活躍してくれます!

タッチAFシャッターは背面の液晶モニターをタッチするだけでピントを合わして撮ってくれる機能です。
なのでスマホのカメラで撮るときと同じ感覚で撮影できますよ。
機械が苦手なママにも使いやすいので、パパとお子さんが競技に参加するときでも安心できますね!
手ぶれ補正もしっかりしているので、ピント合わせが苦手な方でも十分カバーしてくれます。

夫婦で一緒に使いたい方にはオススメのカメラです。

③ Canon EOS Kiss X7

キヤノンの一眼レフ入門機として人気のあるカメラです。
人気の秘密は、一眼レフなのにとても軽く、価格が安いからです。
現在2017年の時点で一眼レフの中でもトップ3に入る軽さです。
ミラーレス感覚で持ち運べるのが大きな特徴ですね!

タッチ式のオートフォーカス機能が採用されていますので、これも特徴の1つと言えますね。(あくまでピントを合わせることのみで、シャッターは切れませんのでご注意ください)

また歴史のあるキヤノンのカメラのため、ミラーレスと比較すると交換レンズが多く、色んなレンズを使って撮れるという楽しみもあります。

小型化・軽量化のメリットがある反面、オートフォーカスの速度・AF点の数・連写機能は上の2つのカメラと比べると追いつかない所があるので、購入をお考えの方はこれらのことを理解した上で購入することをおすすめします。

比較表にまとめると以下の図になります。

α6000 OM-D E-M10 MarkⅡ Kiss X7
ピントの速さ
ピントの広さ
179点 121点 9点
重さ
(本体のみ)
344g 574g 407g
操作性
価格

最後に

他にも紹介したいオススメのカメラは山ほどあるのですが、たくさん紹介してしまってもみなさんをまた悩ませてしまいますので、3台までカメラを厳選してみました!

始めにお伝えしたとおり、最近はミラーレス一眼の性能がかなり高いので、どのカメラを選んでも失敗することはほとんどありません。

問題はミスマッチが起きることです。
例えば旅行用のカメラがほしいのに、ゴツゴツした重いカメラを選んでも持ち運ぶ気が無くなりますよね笑
(確かに見た目も大事!ついつい僕も見た目でつられてしまいがちです、、、)

そのミスマッチをなくすためには、家電販売店やカメラ屋さんに行って実機を持ってみることが何より大事です!
その場で買う必要はありませんが、持ったときのさわり心地、手のフィット感などフィーリングも大切にしてくださいね(^^)

ぜひ自分にあったカメラで、可愛いお子さんの写真をたくさん撮ってあげてほしいと思います!


0

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
竹内 理允(りじゅー)
竹内 理允(りじゅー)famy編集部

関連キーワード

famy(ファミー)とは?

世界中のあらゆる家族がいつでもどんな時でも、ワクワクになれる情報メディアサイトです。
子どもたちはパパとママが大好き。パパとママがワクワクしてキラキラ輝いている姿を見るのは、もっともっと大好きです。
famyは、世界中の家族が幸せになれるワクワクであふれた世界を目指しています。
 famyについてもっと詳しく!