沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~2日目~

はじめに

第一弾 『空港編』 、第二弾 『【1日目】首里城・イオンモール沖縄ライカム編』 に引き続き、今回もやって参りました沖縄旅行体験記、第三弾をお送りします♪

しょうちゃんママファミリーが2日目に訪れたのは、美ら海水族館沖縄料理ちぬまん
どんなオススメがあるのか楽しみですね♪

今回の沖縄旅行のコースはこちら。

しょうちゃんママファミリーのオススメコース

空港編

【1日目】首里城・イオンモール沖縄ライカム

【2日目】美ら海水族館・沖縄料理ちぬまん

【3日目】グラスボート

宿泊ホテル:沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

では、早速famyサポーターのしょうちゃんママの記事を見ていきましょう!

美ら海水族館

沖縄で超有名な観光スポット 「沖縄美ら海水族館」 にやってきました。

この日もあいにくの雨でしたので、レインコートを着ています。

土曜日の10時頃に入館しましたが、それほど混雑はしておらずすんなりと入れました。駐車場も一番近い 「P7駐車場」 がまだ空いていたので、あまり歩くことなく到着できました。

駐車場の詳細はこちら

入ってすぐのところに、なんとヒトデとナマコを触れるコーナーが!

 怖がることなく、さっそく触ってみます。

「ヒトデかたいねー!」
「ナマコはやわらかかったー!」

と、見て触れて学べて良い経験になりました。

 各階のトイレにはベビーシートが設置されてあるようですので、オムツ替えの時に安心ですね。

(設置場所はHP参照)→https://churaumi.okinawa/guide/baby/

その他、乳幼児連れの方向けに

・ベビーカー無料貸し出し(予約不可。先着順)
・紙おむつ販売(Lサイズのみ)

などのサービスを用意してくださっています。

 こちらは2階の美ら海シアター前にある授乳室です。
ちょうど使用中でしたので中の写真は撮れませんでしたが、ソファと給湯器が備わっているそうですのでミルク作りも問題ないですね。

調べてみると授乳室はこの2階と、あとは3階水族館入り口の2ヵ所のみですので、入場者数に対して数が少ないかもしれないです。

混み合っていると授乳室に入れない可能性があるので、ベビーはある程度腹ごしらえを済ませてから入館した方が安心ですね。

でました!これぞ美ら海水族館、メインの大水槽!

おっきーーーーーい!

この水槽は、高さ8.2m、幅22.5m、厚さ60cmもあります。大きな水槽に、大きなジンベイザメが二匹、優雅に泳いでいる姿は、まさに圧巻!の一言。

息子は大きな水槽を見た途端 「キャー!」 と歓喜の雄たけびをあげて、水槽にへばりついて目をキラキラ輝かせていました。

子どもが喜ぶ姿を見て、来てよかった~!と思いました。

トンネル状になっている水槽では、頭の真上を泳ぐお魚を見ることができます。

抱っこ紐に収まっていた6か月の娘が、動くお魚をじーっと見つめていました。

こちらは絶滅の危機にあり、国際保護動物に指定されているマナティーです。大水槽がある館とは別の 「マナティー館」 にいます。

人魚伝説のモデルとなった草食性の哺乳類で、成獣の大きさは3~4.5m、体重300~1,000kgにもなるそうです。

泳いでる姿は、ゆーーっくり、のほほーーんとしていてゆるい感じがとっても癒されます。

グッズが販売されている、ショップ 「ブルーマンタ」 で兄妹お揃いのTシャツをゲット!ジンベエザメにシーサーが乗っている、ここにしかない絵柄に一目ぼれ。バックプリントにはマンタもいますよ。お揃いで着るとめちゃ可愛い!

ここでしか買えないアイテムは、旅行気分を盛り上げてくれます♪

息子はとても気に入って、すぐに着る!といって着替えてました。大人用もあったので、家族みんなでお揃いにすることもできますよ!

子供用・・2,376円、大人用・・3,348円 (税込)

サイズの参考に・・・

兄・・・ 「110サイズ」 購入。身長98cm、体重14kgの細身。来年も着れるくらい、丈も幅もゆとりあり。120はなくて、次は130だったので、今から着れるサイズに。
妹・・・ 「90サイズ」 購入。身長65cm、体重6kgの小柄。ロンパースは70,80サイズがありましたが、来年も着れるように90のTシャツ型を選択。肩にスナップボタンがあって着せやすいです。まだぶかぶかですが、来年再来年と着れるかな。

沖縄料理ちぬまん

夕食は、ホテルの敷地を出たすぐ隣にある 「沖縄料理ちぬまん」 さんで。

門構えから沖縄の古民家を感じます。

沖縄料理の定番、ソーキそばを注文。あっさりとした出汁の風味が食べやすくて、子どもにも好評でした。

メニューなど詳細はHP参照→http://www.chinuman.com/shimancyu/sunsetmall/

予約せず19時ごろに行ったのですが、タイミングが良かったのかすぐに入れて、2階の座敷席に案内されました。

座敷ならベビーもゴロゴロできて快適です。

こちらのお店では、島唄三線ライブが毎日開催されていて、無料で楽しむことができます

知らずに入ったので、この生歌ライブはサプライズとなってとっても嬉しかったです。途中から子どもたちも一緒に踊り出し、ついに息子も 「行っていいかな?」 と参加して楽しんでいました。

さいごに

いかがでしたか?

第三弾も子連れには持ってこいな情報がいっぱいでした。

美ら海水族館は、ふれあいコーナーやトンネルまで、子どもの心をワクワクさせる工夫がたくさん!何度行っても飽きのこないスポットですよね。

そして、沖縄に来たら外せないソーキそばも、ライブを見ながら楽しく味わえるのも良いですね♪

何よりも、子どもが楽しんでいる姿を見るのが、パパママにとっては嬉しいのではないでしょうか。

さて、次回はいよいよ最終章! 『【3日目】グラスボート編』 の観光情報をお送りしますね!

楽しみにお待ち下さい。

関連記事
 沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~空港編~
 沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~1日目~
 沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~3日目~


0

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
しょうちゃんママ
しょうちゃんママfamyサポーター
私は二児の子を持つ働くママです。
お出かけ大好き!暇さえあれば「さあどこ行く?」が口ぐせの、じっとしていられない性分。
子供には、見て、触って、体験したことを自分の感性で自由に感じてもらいたいので、これからもプライスレスな体験を求めてアクティブにお出かけしていきます!
そんな中で、私なりの子連れでも、子連れだから楽しめるスポットや体験談をお伝えして、1人でも多くの方やファミリーに、楽しいひと時のヒントになれたらとっても嬉しいです♪