沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~1日目~

はじめに

さて、第一弾 『沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~空港編』 に引き続きまして、いよいよ沖縄旅行のオススメスポットを紹介していきます。

今回もfamyサポーターのしょうちゃんママに、沖縄に到着した1日目の体験レポートを書いてもらいました!

ちなみに今回の沖縄旅行のコースはこちらです。

しょうちゃんママファミリーのオススメコース

空港編

【1日目】首里城・イオンモール沖縄ライカム

【2日目】美ら海水族館・沖縄料理ちぬまん

【3日目】グラスボート

宿泊ホテル:沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

では、チェックしていきしょう!

首里城

首里城にやってきました! (写真は瑞泉門です) ・・・が、あいにくの雨。まだ小雨なので良しとして、気を取り直していきましょう!

今回は雨予報でしたので、子ども用にレインコートを持ってきました。これは大正解でした。風があると子どもに傘は危険なのでレインコートがベストです。
あと、首里城までの道のりが坂道や急な石の階段が多いので、履き慣れない子ども長靴はなくて良かったかなと思いました。晴れていたとしても、滑りにくい履き慣れたスニーカーがおススメです。

ベビー連れとしては、階段ばかりだったので抱っこ紐で行きましたが、急な登り坂をずっと抱っこしていると腰が痛くなってきたので (私の運動不足もありますが(^^;)) 、手が空いているパパさんは是非替わってあげて下さいね。

こちらは首里城公園のパンフレットです。
よく見ると、バリアフリーコースもあるんですね!ベビーカーで行かれる方はそちらからになりますが、館内も段差や階段があるので抱っこが可能なら抱っこ紐の方が動きやすいかと思います。
ベビーカーは無料で貸し出しも行っているようですよ。

※詳しくはこちらをご覧下さい。
http://oki-park.jp/shurijo/info/17

首里城は有名な 「正殿」 のイメージが強いですが、首里城周辺は首里城公園という広大な自然公園になっています。
雨でなければ子どもを遊ばせてあげたかったのですが残念。この公園の入園料は無料です。しかしながら「正殿」がある場所は有料エリアになりますので、入館料が必要です。

大人…820 (660) 円
中人 (高校生) ・・・620 (490) 円
小人 (小中学生) …310 (250) 円
6歳未満・・・無料
( ) は20名以上の団体割引料金。

ただし、モノレールのフリー乗車券をお持ちの方は団体割引料金となるので、窓口で忘れず提示しましょう!


こちらは広福門。門の朱色が琉球王国を感じさせてくれます。

正殿が、雨のうえにまさかの工事中(;´Д`)

HPを確認せずに行ったので知らなかったのですが、首里城正殿外部は平成28~30年度に漆塗装改修作業が行われるそうです・・・。

大事な朱 (あか) 色を守るための大事な作業なので、更に魅力的な首里城に期待を込めて、ここは温かく見守りましょう!

館内は写真撮影禁止の場所が多いので、標示を確認しながら撮りましょう。

こちらは正殿内にある 「国王の椅子」 です。朱色と金色がかなりゴージャスで、描かれている模様はとても細かく繊細な芸術品です。

朱い空間に金が反射し、なんとも艶やかな空間そのものに圧倒されました。日本古来のものとは全く異なる、琉球王国文化を感じることができます。

子どもにはまだわからないですが、迷路のような館内を 「次はこっち?」 「やじるしこっちにあるで~」 と違う楽しみを見つけておりました (笑)。

首里城

イオンモール沖縄ライカム

スーパー大好きなわが家は、旅行に行くと地元スーパーによく立ち寄って、ここにしかないものを見つけるのが楽しみでして♪

外は雨ですし、天気関係なく楽しめる 「イオンモール沖縄ライカム」 にやってきました!

水族館ではないですよ~! イオンモール内にある 「ライカムアクアリウム」 という大きな水槽の中には、きれいなお魚さんたちがいっぱい!!

お魚好きな息子はショッピングモールにまさかお魚さんがいるとは思っていなかったので、大喜びで水槽へと走っていき、水槽にへばりつくように見ていました。

色とりどりのお魚さんが優雅に泳いで出迎えてくれます。

鮮魚売り場には、沖縄ならではの色鮮やかなお魚も並んでいます。

沖縄限定の珍しいフードたちもゲット。

この他にも、じーまーみー豆腐やオリオンビールなども買いました。

イオンモール沖縄ライカム

宿泊ホテル

今回のお宿は、 「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」 に2泊しました。

広い敷地に客室棟が2棟、屋外&屋内プール、大展望風呂、SPA施設、パターゴルフ、テニスやバスケットなどのコートにフィットネスコーナー、カラオケ、コンビニなどたくさんの施設を備えた大型リゾートホテルです。

こちらは、「いつまでも記憶に残るテーマパーク型ファミリーリゾート」というメッセージの通りファミリーで宿泊されている方がとても多かったです。

ホテルのエントランスを入って左側にキッズスペースがあります。

大型ホテルだけに、チェックイン&アウト時に混み合うこともあるので、子どもを遊ばせておけるのはありがたかったです。柔らかいクッションフロアなので、赤ちゃんでも安心ですね。

このキッズスペース横には、無料のドリンクコーナーがあり、さんぴん茶を頂けたのも嬉しかったです。

こちらはお部屋の様子です。早速ベッドで飛び跳ねています。

こちらはバルコニーからの眺めです。

オーシャンタワーという円形になっている建物の5階でした。目の前に海が広がるオーシャンビューのお部屋でテンション上がります♪

ベッドは2つくっつけることができたので、寝相の悪い息子を大人で挟んで落ちないようにして寝ました (笑) 。

アメニティなど写真を撮り忘れてしまったのですが、子ども2人は添い寝で申し込んでいるのでキッズアメニティはなしでした。

なので、子ども用の歯ブラシとパジャマは持っていかないといけません。大人用パジャマはワンピース型なので、女性で足の冷えなど気になる方は自前パジャマがあった方が良いかもですね。

わが家が泊まった部屋はバストイレが一緒でした。館内の広いお風呂もあるので十分です。

お部屋によっては洗い場付きのバスルームがあるファミリールームもあるようですので、そちらもよさそうですね。

予約時にお願いしていたベビーベッドも、きちんと設置してくださっていました。娘もごろんと寝転んで快適そうです。

ベビーベッドの他にも、ベッドガードやベビーカーの貸し出し、離乳食の準備などもお願いすると答えて下さるみたいですね (HP参照)

コンビニには紙おむつや哺乳瓶、ベビーフード、熱さまシートまであるそうですので、小さい子ども連れには嬉しすぎるサービスがいっぱいです。

二泊とも朝食つきプランでして、朝食の会場は2つに分かれています。

食事内容はほぼ同じと先に聞いていたので、2日で両方の会場を利用しました。

どちらの会場も、写真のようなベビー用のハイ&ローラックがありましたので、娘を抱っこしたまま慌てて食べることもなくゆっくり食事ができてすごく快適でした!

もちろんキッズチェアも、子ども用の食器もありました。

周りを見渡せば、子連れファミリーの多いこと。同じ子連れファミリーにとってはそれだけで気持ちが楽になりますね。

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

さいごに

第二弾はいかがでしたか?

お天気は残念ながら雨だったようでしたが、雨の日でも楽しめる工夫がいっぱいのレポートでしたね!

宿泊先のホテルのサービスもとても充実していましたし、小さな子どもがいる家族にとっては、本当に嬉しいことだらけ!ここならのんびりと家族旅行が楽しめるのではないでしょうか。

さて、次回は第三弾『【2日目】美ら海水族館・沖縄料理ちぬまん編』の観光情報をお送りします♪

2日目のコースも楽しみですね!乞うご期待を!

関連記事
沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~空港編~
沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~2日目~
沖縄旅行体験記!子連れでも楽しめる観光スポット~3日目~


0

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
しょうちゃんママ
しょうちゃんママfamyサポーター
私は二児の子を持つ働くママです。
お出かけ大好き!暇さえあれば「さあどこ行く?」が口ぐせの、じっとしていられない性分。
子供には、見て、触って、体験したことを自分の感性で自由に感じてもらいたいので、これからもプライスレスな体験を求めてアクティブにお出かけしていきます!
そんな中で、私なりの子連れでも、子連れだから楽しめるスポットや体験談をお伝えして、1人でも多くの方やファミリーに、楽しいひと時のヒントになれたらとっても嬉しいです♪

関連キーワード

famy(ファミー)とは?

世界中のあらゆる家族がいつでもどんな時でも、ワクワクになれる情報メディアサイトです。
子どもたちはパパとママが大好き。パパとママがワクワクしてキラキラ輝いている姿を見るのは、もっともっと大好きです。
famyは、世界中の家族が幸せになれるワクワクであふれた世界を目指しています。
 famyについてもっと詳しく!