子連れで淡路島を満喫しよう!日帰り旅行体験記~うずしお温泉 うめ丸編~

はじめに

第一弾 『サービスエリア編
第二弾 『淡路島公園編
に引き続き、今回は 『うずしお温泉 うめ丸』についてfamyサポーターのしょうちゃんママに日帰り体験レポートを書いてもらいました!

シリーズでお伝えして第三弾!
今回もしょうちゃんママのワクワクレポートが期待できそうですよ♪

オススメコースもいよいよ折り返し地点!
制覇までもう少しですね♪

しょうちゃんママファミリーの

オススメコース

淡路サービスエリア

淡路島公園
↓ 
うずしお温泉 うめ丸

道の駅 うずしお

ではでは早速見ていきましょう!

淡路島 うずしお温泉 うめ丸

素敵な公園(淡路島公園の記事を見る)だったので、もっと遊びたいとごねる息子に、ご馳走を食べに行くよ! と半ば強引に切り上げたのが11時ごろ。
そこから高速にのって移動し、 「淡路島 うずしお温泉 うめ丸」 さんへ着いたのが12時になってしまいました。

といいますのも、今回の日帰り温泉プランは11-15時の4時間、個室お食事部屋を貸し切れるというものなので、11時に着けた方が長くお部屋を使えてゆっくり温泉を満喫できるということだったのです・・・。

写真はうめ丸さんのエントランスです。
係員さんがすぐに来てくれて、車を移動しておいてくれます。

お料理の評判が良いのか常連さんらしきグループが数組いらっしゃいましたので、これは期待できますね♪

お部屋

長い廊下にはいくつものお部屋があり、この階はすべてお食事部屋のようでした。

ひろーーーーい!

家族4人には広すぎる、約14畳の個室お食事部屋にびっくり。完全に個室でプライベートを満喫できます。

眺めも最高!オーシャンビューで、正面に見えるのは大鳴門橋です。

部屋にはお手洗いもついています。

急に 「トイレ!」 と待ったなしに言い出す3歳児がいるので、トイレが近くにあると安心です。

ポットにお湯をいれておいてくれました。

「こちらにお湯がありますので、ミルクなどお作りの際にお使いください。」 と、こちらが尋ねる前に教えてくださいました。

素晴らしいです。ありがとうございます!

料理

お席にはすでに付き出しと酢の物が。

お昼からなんて贅沢♪鯛料理のフルコースです。

今回のプランはじゃらんnetで申し込みをしました。

プラン名:鯛活造りフルコース 日帰り温泉プラン
利用時間:11-15時の4時間
部屋タイプ:周りを気にせず、くつろぎ個室。大浴場&露天風呂利用可能
金額(税込み):大人1人 5,940円×2名・子供(お子様ランチ代)×1名1,620円
合計:13,500円
※お部屋代や入浴料は別途かからず、お食事代のみでOK。

こちらがお子様ランチ。
船盛で出てきて、息子もテンションが上がってました!

お子様ランチというけれど、尾頭付きのエビの天ぷらがメインのお子様懐石という方がしっくりくる豪華さです!

内容は・・・

・尾頭付きのエビの天ぷら
・さつまいも、のり、ウィンナーの天ぷら
・そうめん
・鶏のから揚げ
・お吸い物
・ごはん
・デザート
・ジュース

最後にデザートも出てきます。
これには、もうお腹いっぱいで食べれない~と満腹宣言をして部屋で走り回っていた息子もきちんと席に戻り、きっちりと完食しておりました(笑)。

子どもイスの用意もしてくださいました。
本当に子連れに優しい良いお宿です。

こちら5か月の娘は、ベビー布団を用意していただき快適にゴロゴロねんねしております。

お部屋に案内してくださった方が、 「赤ちゃん用のお布団おしきしますね。」 とすすんで声をかけて下さいました。
こちらからお願いしなくても配慮下さる気遣いに感動です。

子連れだとどうしても騒がしくなるかもしれないので 「すみません」 と気をつかってしまうものですが、 「ありがとう」 と言わせてもらえる心地よさは本当にプライスレスだと感じます。

とても良い旅館ですね。

これからのお料理も期待できます!楽しみ~♪

まず出てきたのは鯛の活造り。
これは活造りを食べ終えた後に、周りの身もしっかりお刺身にして持ってきてくださったときの写真です。

活きが良くてぴちぴち動く鯛を目の前に、興奮して写真を撮り忘れてしまいました・・・が、その活きの良さはしっかりと動画に収めましたのでご覧ください!

「動くことがありますのでお気を付けくださいませ」 と持ってきてくださいましたが、まさかここまでとは・・・!

身は引き締まってこりこりの食感。淡白な中に上品な甘さがあり、ため息の出る美味しさ・・・

ああ、幸せ・・・!

お次に出てきたのは、鯛とサザエの宝楽焼き。
なんともう一匹鯛が出てきちゃいました!贅沢~!

ジュウジュウと音を立てて焼きあっがっている鯛からは、なんとも香ばしい香りが食欲をそそります。

口に運ぶと、鯛の身はふっくらとして柔らかさの中に弾力がありジューシー。新鮮さは焼いても感じられます。
焼くとさらに甘味が増して旨味が凝縮され、もうこれも絶品!

出汁のきいた、酸味の強すぎないポン酢につけて頂くのですが、これがまた良く合ってさっぱりとしていていくらでも食べられそうです。

添えられるようにして乗っている玉ねぎも、甘くてとろっとしていてとても美味しい。
さすが淡路島の玉ねぎです。

少し食べてしまいましたが・・・(笑)。
頭有海老天ぷらです。海老の身がぷりっぷりで甘味があっておいし~!

お次は、鯛のあら煮です。

活造りで出てきた鯛のあらを使って、甘辛く煮てあります。あらからしっかりと出汁が出ていて、身にも味がしみ込んでこれまた美味しい!
一緒に炊いてあるごぼうとわかめもいい味出してます。

甘辛い味付けなので、子どもも食べやすいですね。

あとは、白ご飯、鯛入りお吸い物、お漬物、フルーツです。

これだけのフルコースを、美味しすぎて全て残さずに平らげました!満足満腹で、そのままごろーんと寝転がっても許される解放感がたまりません!

温泉

お食事部屋と同じ階の突き当りに温泉があります。近いので移動も楽で助かります。

脱衣所にはベビーベッドが置いてありました。おむつ替えなどしやすいですね。

ただ、お風呂内にはベビーチェアはありませんでしたので、まだ腰のすわっていないベビーを連れての入浴は難しそうです。

温泉はそこまで広くはないですが、内湯と露天風呂もあったので解放感はありました。
息子はパパと入ったのですが、湯温があまり高くなかったので、いつもは 「熱い!」 といってすぐに上がりたがるのに、大人しくつかっていたようです。
これは子連れにはありがたいポイントです!

湯質は、かなりとろみのあるお湯で、美人の湯だそうです♪
その分、床が滑るので子どもが走って転んですってんころりんなんてことにならないよう、親は目を見張らないとですね。

お風呂を出たところにマッサージチェアがありました。時間が無くて出来なかったのですが、あればやりたかった・・。

抱っこや授乳で、常にママの肩や腰はガチガチに凝ってしまいますよね。
温泉で温まった後のマッサージは最高のはず!

こちらはお部屋の縁側にある洗面台です。

ここにドライヤーがあります。
温泉の脱衣所にももちろんあるのですが、混み合っていると焦ってしまってゆっくりできないこともありますよね。

お部屋ならゆっくり身支度ができて落ち着きます。

うずしお温泉の詳細は、コチラをご覧下さい!

さいごに

第三弾のうずしお温泉 うめ丸編はいかがでしたか?

とても豪華な料理に、疲れた体をゆっくりと癒してくれる温泉

最高ですね!

さばき立ての魚が跳ねるところは、子どもも大喜びではないでしょうか。

また、旅館側の配慮も素晴らしく、小さな子どもがいても安心して堪能できそうです。今回は日帰りでしたが、こんな素敵なところなら今度は宿泊したくなりますし、リピート間違いなし!

子どもがまだ小さくて・・・と気が引けてしまい、なかなかこういう場所へ出向くことを躊躇しているパパママもたくさんいらっしゃると思います!ぜひこの機会に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

次回は、いよいよ最終章!第四弾『みちの駅 うずしお編』のお出かけ情報をお伝えしていきます!乞うご期待!

うずしお温泉 うめ丸HP

関連記事
親子で淡路島を満喫!日帰り旅行体験記~サービスエリア編~
親子で淡路島を満喫!日帰り旅行体験記~淡路島公園編~
親子で淡路島を満喫!日帰り旅行体験記~道の駅 うずしお編~


1+

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
しょうちゃんママ
しょうちゃんママfamyサポーター
私は二児の子を持つ働くママです。
お出かけ大好き!暇さえあれば「さあどこ行く?」が口ぐせの、じっとしていられない性分。
子供には、見て、触って、体験したことを自分の感性で自由に感じてもらいたいので、これからもプライスレスな体験を求めてアクティブにお出かけしていきます!
そんな中で、私なりの子連れでも、子連れだから楽しめるスポットや体験談をお伝えして、1人でも多くの方やファミリーに、楽しいひと時のヒントになれたらとっても嬉しいです♪

関連キーワード

famy(ファミー)とは?

世界中のあらゆる家族がいつでもどんな時でも、ワクワクになれる情報メディアサイトです。
子どもたちはパパとママが大好き。パパとママがワクワクしてキラキラ輝いている姿を見るのは、もっともっと大好きです。
famyは、世界中の家族が幸せになれるワクワクであふれた世界を目指しています。
 famyについてもっと詳しく!