【実録!】1人目と2人目で違う?妊娠中期の体と心の変化

はじめに

この記事を読んでいるあなたは、つわりで辛かった妊娠初期を乗り越えて、ようやく安定期に入ったころでしょうか。本当によく頑張りましたね!

famy編集部の私も、妊娠初期はつわりで本当に辛かったので、安定期を迎えたときはスキップをしたくなるくらい嬉しかったです(笑)。そして現在2人目を妊娠中ですが、妊娠初期と同様に中期も1人目とはまた違う変化があり、生命って不思議だな~おもしろいな~と実感しているところです。

では、ここでも【実録!】妊娠中のカラダとココロの変化~妊娠初期編~に続いて、私が体験した妊娠中期(5~7ヶ月)のカラダとココロの変化、また1人目と2人目の違いを書いていきます。

早速見ていきましょう。

中期のマイナートラブル

つわり

1人目

1人目のときは、4ヶ月の後半には症状が落ち着き食欲も戻ってきていました。それ以降は、とにかくごはんが美味しくて美味しくて、食欲が止まらず体重もドドンと増えたのを覚えています。もちろんながら健診で注意も受けたので、油物やスナック菓子を控えるようにしていましたが、空腹との戦いは相当の苦難でした(笑)。

食事は一応気づかうようにして野菜を中心にし、おやつもスナック菓子からフルーツやナッツに切り替えるようにすると、なんとか1ヶ月1キロ増までで抑えることができました。

2人目

4ヶ月の後半から少しずつ食欲は戻りましたが、疲れた日などは気持ち悪くなりやすく、5ヶ月の前半まで続きました。そのあとは、それまで食べられなかった反動で食欲は絶好調(笑)。後期になれば嫌でも体重が増えるので、中期のあいだにコントロールしておくのがベストなのは理解していたんですが、ごはんが美味しくて美味しくてモリモリ食べていました。

家事・育児・仕事と嫌でも体を動かしていたので、そんなに体重の増加はないかと油断していたのがダメでした。1人目と同様に健診でやんわり注意され、こまめに体重計に乗って管理するようにしましが、空腹の苦行となったのは言うまでもありません(笑)。

1人目と2人目の違い【まとめ】

・つわりの期間

性別によってつわりの種類や強度が違うとよく耳にしますが、個人的な意見としては2人目の妊娠の場合、育児に追われてゆっくりする暇もないので、体が疲れやすいというのも原因なのかな~と思いました。

1人目にしても2人目にしても、ゆっくりする時間が取れるのであれば、無理をしないことがベスト。お腹の赤ちゃんを優先して少しでも長く休める時間を確保して下さいね。

腰痛

1人目

お腹が段々と大きくなってくる時期なので、姿勢も腰が反り返るようになります。腰にだいぶ負担がかかっていたようで、歩くとすぐにだるくて鈍い痛みに襲われ休憩は必須でした。なのでこの時期から妊婦帯(腰をサポートしてくれるもの)がマストアイテムに。

今思えばですが、妊娠前から骨盤にゆがみがあったので、そのせいで痛みを大きく感じていたのかもしれません。

2人目

1人目の産後に、骨盤矯正や整体をしたので体の機能が戻ったのか、腰に大きな負担を感じることはありませんでした。妊婦帯をしなくても全く問題ないと言っても過言ではないくらい。

ただ、1人目に娘がいるので抱っこ攻撃にあうと、やっぱり鈍い痛みは感じます。まだ小さいと甘えたいざかりだと思うので、抱っこは避けられませんよね。助産師さんに教えてもらったのですが、室内では座って抱っこをすると、お腹や腰への負担がかなり軽減されるのでオススメですよ。

1人目と2人目の違い【まとめ】

・痛みの強さ
・妊婦帯を巻く時期

個人的になりますが強く思ったことは、普段から体のメンテナンスは必要だということ。体のゆがみがないだけでここまで腰痛の強度が違うものなのかと、自分の体をもって実感しました。

普段から腰痛や肩こり、冷え性などを持っているのであれば、一度メンテナンスを受けてみてはいかがでしょうか。

※何かしらのメンテナンスを受ける場合は、妊娠中であることを必ず伝えましょう!

お腹の張り

1人目

1人目のときは、お腹が張る感覚がどういうものなのか分からなかったので、やり過ごしていただけかもしれませんが、この時期はあまり張りを感じませんでした。それが良くなかったのかどうかは分かりませんが、後期に入って切迫早産気味と指摘されることになったのです・・・。

2人目

2人目ということもあり1日中動き回っているせいか、頻繁にお腹が張りました。キューっと締めつけられるような感覚。横になれば大体はすぐにおさまるのですが、やっぱり適度な休憩は必要だなと実感しました。

時々、横になってもしばらく突っ張るような痛みを感じることもあったので、その場合は家事も育児もちょっと手を抜いて、横になることを優先するようにしました。中期はお腹の張りに出血がプラスされると、注意が必要だと助産師さん言われたので、安定期といえど無理は禁物です。

1人目と2人目の違い【まとめ】

・お腹が張るという感覚

個人的に感じた私のお腹が張る感覚は、子宮がキューっと握りつぶされているような感覚で、ひどいときはお腹がカチカチに硬くなりました。感じ方は人それぞれ違うとは思うのですが、張る感覚が分からない方は参考にしてみて下さい。

張ったときは、横になるまたは座るなど、とにかく体を休ませることが大切です。

>>妊娠線予防クリームのおすすめ商品や失敗しない選び方コチラ>>

出血

1人目

1人目のときは、初期から出血は全くありませんでした。トラブルの中でもヒヤッとすることの上位にあがることなので、ホッとしたのを覚えています。

2人目

初期に何度か少量の出血があったのに引き続き、時々ですが5ヶ月のはじめごろまで続きました。
【実録!】妊娠中のカラダとココロの変化~妊娠初期編~でも書きましたが、初期に子宮頚管ポリープからの出血があったので、おそらくそこからの出血だったと思うのですが、2日ほどダラダラと続きヒヤヒヤしました。

健診の翌日からの出血だったので、今思えばそれによる刺激からだったようです。(そのあとは出血していません。)

1人目と2人目の違い【まとめ】

・出血の有無

中期も半ばを過ぎたころからは、一切なくなりましたが、量が多かれ少なかれ出血があると本当にヒヤヒヤしました。ダラダラ続いたり腹痛をともなうようなら、すぐにかかりつけの産婦人科に問い合わせてみて下さいね!

尿もれ

1人目

中期ではあまりありませんでした。むしろ尿もれの感覚がよく分からないという感じ。私はないのかな~なんて思っていたら、まさか後期でそれに悩まされるはめになるとは知る由もありませんでした・・・。

2人目

2人目ということもあってか中期のトラブルと言うよりは、これは初期から悩まされました。座っているときは大丈夫なのですが、咳やくしゃみをするとほぼ出ます(笑)。出産経験があると緩むとは聞いていましたが、まさかこんな早い段階で悩まされるとは思っていませんでした。おりものシートが欠かせません。

1人目と2人目の違い【まとめ】

・尿もれしやすい時期

特に2人目を妊娠した時は、娘から風邪をもらうことも多々あり、咳込むことが多かったため、本当にドキドキしました(笑)。私はちょくちょくトイレに行ける環境にいたので、おもらしのようになることはありませんでしたが、もし気になるようであれば、吸水量の多いナプキンか吸水ライナーを使うと安心かもしれませんね。

かゆみ

1人目

もともと肌が敏感で、妊娠前からボディケアをしていたこともあり、ひどいかゆみに襲われることはありませんでした。だた後期に入ると、大きくなったお腹の皮膚が引っ張られてかゆみを感じることはありました。

2人目

1人目と全く同じ状況だったにも関わらず、中期に入ったころから湿疹のようなものが出るようになり、かゆみで眠れない日もあるくらいでした。特に足。虫刺されとかではなく、突然かゆくなるんです。

はじめは乾燥によるかゆみかと思って保湿をしっかりするようにしていたけど、それでもかゆみは引かず。結局、妊婦でも使えるかゆみ止めクリームを塗っておさまった感じですが、かくことでかき傷ができてしまい、その痕が引くのを待つのも嫌でした。
皮膚科には行っていないので実際のところは分かりませんが、 “妊娠性痒疹(にんしんせいようしん/妊娠中に全身に強いかゆみをともなう湿疹やじんましん、水ぶくれができる)” だったのかもしれません。

1人目と2人目の違い【まとめ】

・肌のかゆみの強度

妊娠性痒疹の場合だと、1人目がその場合はそれ以降の妊娠でも起こりやすいと言われているそうです。でも私の場合は、1人目の時はかゆみはそれほど感じていませんでした。なので個人的な考えにはなってしまいますが、2人目は育児疲れなどで免疫も下がりやすいので、その影響もあるのかな?と思っています。

胎動と性別

1人目

初めて感じたのは5ヶ月のはじめごろ。お腹の中でパチパチ泡が弾けるような小さな感覚でした。はじめはお腹のガスが弾けているのかと思っていたけど、あまりにも頻繁に感じるようになった時に、 「あ、これが胎動なんだ!」 と感動したのを覚えています。この時期の胎動は、グニョ~っとゆっくりとした動きでした。

性別が判明したのは、7ヶ月。なかなかおまたを見せてくれなくて、4Dエコーをした日にようやく女の子だと分かりました。

2人目

2人目の時は、4ヶ月の後半にはもう感じるようになっていました。2人目だと胎動の感覚が分かっているので、気づくのが早いと言われていますが、本当に早かったです。
6ヶ月になるころには、パチパチがポコポコと軽くパンチしているような感覚になり、7ヶ月にはドスッとわき腹に入る勢いのときもありました(汗)。

1人目のときとはうって変わって、胎動が激しく頻繁にポコポコ、時にドスッ。健診で診てもらうときも常に動いていて、毎回先生に 「元気やね~」と言われるほど(笑)。

性別はこの記事を書いている今現在でも分からず・・・。(現在7ヶ月)いつもキレイに正座をしているか、おまたを隠していて全く見せてくれません。←分かり次第書きますね(笑)。

※その後の健診で、2人目も女の子であることが判明しました!どんなおてんばちゃんが生まれてくるのやら (笑)。

1人目と2人目の違い【まとめ】

・初めて胎動を感じた時期
・胎動の激しさ

とにかく違いを大きく感じたのは、胎動の激しさ。ヒマさえあればポコポコ動いています(笑)。胎動が激しいと男の子というのを聞いたことがありますが、結局2人目も女の子。性別はあまり関係ないことと、2人目は相当のおてんばちゃんだということが分かりました (笑)。

そして胎動は、赤ちゃんがお腹の中で元気にしているかのバロメーターにもなるので、日々意識して確認しておくことが、安心の材料になりますよ。

カラダとココロの変化

1人目

5ヶ月に入ったころに、ポコッと下腹が出てきました。7ヶ月に入るころには見た目に妊婦だと分かるくらいの大きさになり、白いTシャツを着ようものなら、まるでムーミンのようないでたち。そしてお腹が出てくることにともなって、背中が反り返るような姿勢になりました。このころから腰痛との戦いがスタートです。

体調がよくなることで、ココロにも余裕が出てきてイライラすることも少なくなっていきました。

2人目

4ヶ月から既にお腹のふくらみを感じていたので、5ヶ月に入るころには立派な妊婦姿に。徐々に妊娠前に履いていたパンツのチャックが上がらなくなり、7ヶ月に入るころにはチャック全開(笑)。長めのトップスで上手く隠し、履き続けております。

体調面は、1人目のお世話もあるのでお腹が張りやすい、そして娘から風邪をもらうことが多いのもあり、常に体調が万全という訳にはいかない・・・という状況です。そして、妊娠中というより、疲れからくるイライラがあるといった感じでしょうか。

1人目と2人目の違い【まとめ】

・お腹が大きくなるスピード
・お腹の張り具合
・イライラ

お腹が大きくなるというカラダの変化は、大きな違いがありました。2人目はやはり早いです。

お腹の張りに関しては、バタバタしやすく自分のタイミングで休めない2人目の妊娠で多く感じました。休めと言われてもなかなか難しいとは思いますが、絶対に無理は禁物です。

2人目のイライラは、妊娠中のホルモンバランスの変化と言うより、疲れからくるものだと思っています。特に1人目の子どもがイヤイヤ期などでややこしい月齢の場合は、イライラする頻度は高いかもしれません。胎教にもあまりよくないと思うので、適度にリフレッシュして下さいね!

無理はせずに…

いかがでしたか。

妊娠中期は、つわりもおさまり気持ち的にも余裕も出てきて、流産の確率もグンと下がるのでホッとする時期でもありますね。そして胎動も感じはじめ、お腹の赤ちゃんの存在を実感できる幸せを感じているのではないでしょうか。

そしてまだそこまでお腹も大きくないので、活動しやすいとき。初期にできなかったことに色々挑戦してみてもいいかもしれませんね♪

でも無理はせずに・・・。

お腹赤ちゃんとの一体感を楽しみながら、ワクワクなマタニティライフを送って下さいね。

>>妊娠線予防クリームのおすすめ商品や失敗しない選び方コチラ>>


0

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
のんちゃん
のんちゃんfamy編集部
私は一児の子を持つ働くママです。
思い悩んでしまった時に、そっと助けてくれるような場があれば、世の中のパパとママがもっと笑顔になれるはず!私はそう信じています。
皆さんと一緒に、famyを盛り上げていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします!