出産準備の不安解消!知っておくべき【お金・書類・病院】について

はじめに

ご妊娠おめでとうございます!
初めての妊娠でワクワクドキドキしている人も多いのではないでしょうか~。

ここでは、そんな初妊婦さんに向けて、出産までに準備しておくと安心なこと【お金・書類・病院】をfamy編集部の私の体験談もまじえて、ピックアップしてまとめています。
予習をすることで、気持ちに余裕を持って出産に臨むことができるようになりますよ。

私は特に、お金のことや書類などは訳分からずだったので、色々調べた記憶があります。

「出産費用って高額って聞くけど、払えるの?」 とか 「どのタイミングで何の書類を申請したらいいの?」 とか 「いつ何を準備したらいいの?」 とか・・・。
思えば、本当にたくさんのハテナがあって、頭がこんがらがりました (笑)。

でも、こんなハテナも初めての妊婦さんなら当たり前です!
ここで紹介する事前準備をしっかり予習しておけば、いざその時がきても余裕を持って進めることができます!
「えっ?そんなこと知らなかった・・・。」 「やらないといけなかったの?」 とモヤモヤするのは胎教にも悪いですし、いつでもこーい!くらいの気持ちで事前に準備ができるようになりますよ!

では、早速順番にチェックしていきましょう~♪

出産前に準備しておくと安心なこと

ここでは、あなたのような初妊婦さんならハテナがいっぱいの、出産前に準備しておく安心なことを、4つの項目に分けてまとめてみました。
早速見ていきましょう!

①お金のこと

まずは、妊娠中に必要なお金のことをピックアップしました!

妊婦健診

初診は、赤ちゃんの様子をチェックするエコー検査・尿検査の基本的な妊婦健診につけ加えて、健康チェックをするための血液検査などもあるので、1万円以上かかります。
でも、妊婦健診の助成券がもらえますので、それを使用すれば無料です。

私の住んでいる市であれば、(当時2014年は)上限5,000円の助成券14枚と、妊婦歯科検診の無料の券1枚をもらえました。

※2017年に2人目を妊娠した際に受け取った助成券の内容が変更されていたので、追記しておきます。

上限11,000円2枚、上限5,000円12枚、妊婦歯科健診の無料券1枚

ちなみに、この助成券は住民登録がされいる市の市役所に妊娠届を出した時に、母子手帳と一緒にもらえます。

私は予定日より10日も遅れての出産だったので、助成券を使いきり、3回ほど実費を支払いました(涙)
予定日を過ぎたり、妊娠中に大きなトラブルがない限りは、ほとんどの人がこの助成回数でまかなえますので、ご安心を~。

市によっては、血液検査の補助券が出るところもあるらしいので、ぜひあなたのお住まいの地域で調べてみて下さいね♪
また、第三子以降の出産の場合、お祝い金がもらえる自治体もあるそうですよ。

出産にかかる費用

病院や出産スタイルにもよりますが、50万円前後が相場だと思います。
簡単に内訳をまとめてみると・・・

【自然分娩で1週間入院した場合】
●保険適用なもの
・検査(エコー・お腹のハリのチェックなど)
・投薬(出産後に飲む抗生物質+私は陣痛誘発剤と便秘薬もでした・・・)
・注射(麻酔・点滴など)
・処置(酸素マスク・会陰切開など)
→約6千円前後
●保険適用外
・分娩費
・入院費
・文書料(出産育児一時金の文書など)
・健診(出産後の回復経過のチェックがあります)
・検査(赤ちゃんの血液検査、黄疸や、聴覚のチェックなどがあります)
→約45万円前後
●その他
・食事代
→約1万5千円前後

もし、部屋を個室にするとプラスαが発生します。
また、ホテルみたいな産院で出産すると、100万円くらいかかったりもするそうです (汗)。
でも安心して下さい!!!

今は 『出産育児一時金』 というのがあります!

これは健康保険に加入していれば誰でももらえるお金で、産科医療補償制度に加入している医療機関であれば、42万円が支給されます。
※産科医療補償制度に加入していない医療機関の場合は、39万円の支給です。

私がお世話になった産婦人科は4日間の入院でしたが、食事が美味しくて有名なところで、( 退院前夜はフルコース 笑 ) リフレクソロジーもやってくれる至れり尽くせりな産院だったのと、微弱陣痛でなかなか産気づかなかったので、陣痛誘発剤などの投薬などなど・・・で+12万円ほど差額を払いました。

出産費用って随分かかるな~と思っていましたが、無事に出産できたので、今となればもろもろかかった金額も、惜しいとは思っていません♪

②申請に必要な書類のこと

妊娠・出産・育児にはとにかくお金がかかります!!!
初めての妊娠・出産の場合、いつ何を準備しておくと良いのかなんて、分かりませんよね。
ここで紹介していくことを事前に把握しておくと、安心して出産に臨めます!
きちんと手続きして、もらえるものはしっかりもらいましょう!(笑)

ここでは、産後の必要な申請も一緒に紹介しています。
では、順を追って紹介していきますね♪

母子手帳をもらう

出産する医療機関で、 「母子手帳をもらってきて下さい。」 といわれたタイミングで、あなたが住む市の役所へ行き、必要な書類を記入すると・・・

・母子手帳
・妊婦健診や妊婦歯科健診などの検査の助成券
・マタニティマーク
・妊娠・出産のガイドブック
・市の子育て支援サービスの案内

がもらえます。
私は、心拍が確認できた8週目くらいにもらいに行った記憶があります♪

出産育児一時金の手続き

“ ①お金のこと ” の見出しでも説明しましたが、健康保険に加入していれば誰でももらえるまとまったお金です。
産科医療補償制度に加入している医療機関であれば、42万円が支給され、加入していない医療機関の場合は、39万円の支給です。

【手続き方法】
●会社員・公務員の場合
あなたが働く勤務先の担当者にお願いするか、あなた自身で健康保険組合に手続きをします。
そして、この制度は退職が決まっている人であっても、退職から6ヶ月以内に出産をする予定の、いわゆる “ 元・会社員 ” でも対象になるので、気をつけて下さいね!
また、従業員が700人を超えるような大手企業などになると、付加給付金と言って、1ヶ月にかかった医療費の自己負担限度額を超えてしまった時に、費用を払い戻す制度が受けられる場合もあります。
もし該当するのであれば、退職後であっても申請してみて下さい。
●専業主婦・自営業・パート・アルバイトの場合
パートナーの扶養に入っている場合は、パートナーの勤務先に申請します。
自分で国民健康保険に入っている場合は、あなたが住む市の役所の窓口へ世帯主が申請します。
『 直接支払制度 』を利用しない場合は、出生証明などと一緒に産後の申請でOKです♪
直接支払制度って?
健康保険から出産した産院へ、出産育児一時金を直接支払ってくれる制度のことです。
一度自分で立て替える方法もありすが、退院する時に大金を用意する必要がないので、ほとんどの人がこの制度を利用しています。
ちなみに、出産費用は現金のみしか取り扱っていない産院もあるので、この制度はかなり利点があると思いますよ♪

入院する時に合意書にサインして、退院する時に合意文書を受け取るだけの簡単な手続きとなります。
これをしておくと、退院する時に支払うのは差額分だけでOKになります。

注意しないといけないのは、申請書の提出期限は出産後2年以内なので、忘れないようにしましょう!

また、万が一・・・
悲しい話ですが、妊娠4ヶ月以降で流産や死産をしてしまった場合も支給されます。( 出産扱いになるため )

出産手当金

このお金は、会社員・公務員の人だけがもらえます。
産休中( 産前42日~産後56日の98日間 )の収入を保障してくれる制度のことで、産休に入る前のあなたの収入の3分の2が保障されます。

あまりいないとは思いますが、産休を取らずに働く場合はお給料があるのでもらえません!(笑)

そして、もし予定日よりも遅れて出産した場合は、この産前42日間にプラスして遅れた日数分が追加でもらえます!
逆に出産が早まってしまた場合、42日間分はもらえますが働いた分は支給されませんので、ご注意を。

出産手当金の申請書類は、勤務先か健康保険組合でもらえます。
提出先も同じです♪
この書類は、あなたと産院と勤務先の三者の記入が必要です。
あらかじめ、記入しておいて入院する時に持って行くのがスムーズだと思います。
入院セットの中に忘れずに入れておきましょう。

育児休業給付金

これも、会社員・公務員の人だけがもらえます。
子どもが1歳になるまでの間に、あなたの給料の約半分が支給されます。

出産手当金と一緒に書類をもらって、提出すればOKです♪

育休に入ってから2ヶ月1回、申請書が送られて来ます。
その申請書にサインをして送り返すだけ。

ちなみに!パパが育休を取ってももらえますよ。
イクメン~♪

乳児医療制度

これは、子どもの医療費を市が補助してくれる制度です。
市によって補助の内容は違いますが、私が住む市では、中学3年生まで医療費を全額補助してくれます。

子どもが小さい時は、すぐに風邪を引きます。
生後半年を過ぎると、ママからもらった免疫が切れるので、風邪を引きやすくなります。
わが子は、毎日鼻たらしてました(笑)。
2週間に1回は小児科やら耳鼻科やらと通っていたので、この制度は本当にありがたいです♪

申請方法は、パパかママどちらかの健康保険に加入させて、子どもの健康保険証を作ります。
そして、その健康保険証と一緒に市の役所で申請すれば完了です。

私は、診察券・健康保険証・乳幼児医療証をセットにして、母子手帳に入れて病院に行く時に忘れないようにしています♪

児童手当

これは、これからの社会を背負っていく子ども達が健康に育っていくために支給されることを目的にしていて、中学校を卒業するまでの子どもを育てている親に手当が支給される制度です。

【それぞれの手当額】
●中学生・・・10,000円(月額)
●3歳~小学校卒業前(第一子・第二子)・・・10,000円(月額)
●3歳~小学校卒業前(第三子以降)・・・15,000円(月額)
●3歳未満(一律)・・・15,000円(月額)

だた、平成24年6月から所得制限が導入されたので、所得制限以上の場合だと一律5,000円(月額)の支給になるので、この辺りも事前に確認しておくと、後々あわてずに済みますよ♪

申請方法は、あたなが住んでいる市の役所の窓口です。
もしあたなが公務員であれば、勤務先から児童手当が支給されるそうなので、一度確認してみて下さいね。

健康保険の適用

妊娠は病気じゃないし関係ないと思いきや、こんな時は保険が適用されるので事前にチェックしておきましょう♪

●切迫流産
●早産
●帝王切開

などなど・・・

このような医療行為がされた場合は、健康保険が適用されます!
帝王切開なんかだと、生命保険からも給付されるそうなので、要チェックです!

そして、それが医療行為かどうかは、きちんとお医者さんに確認して下さいね。

自己負担限度額を超えると、 “ 高度医療費制度 ” もありますよ♪
詳しくは厚生労働省の保険局のホームページを確認してみて下さいね。

大きなトラブルもなく健康に出産を迎えることができるのが一番ですが、働く妊婦さんは何かと心配事が多かったりします。

例えばですが、切迫流産で長く入院した場合や、産後に赤ちゃんが新生児治療室でお世話になったなどになれば、ぜひ申請を!

国民健康保険の場合は、市の役所の窓口へ。
会社の場合は、会社の担当者にあなた自身が申請します。

診察日から2年以内に提出しないと、無効になるので注意して下さいね!

医療費控除

これは、『 所得税を払っていて、世帯の医療費の合計が10万円を超えると税金が安くなる 』 という制度です。

確定申告のときに、医療費を申告するので、医療費の明細書はきちんと取っておいて下さいね。

これは知らない人も多いんですが、病院へいく時に掛かった交通費も医療費として認めらるので、タクシーを利用するなら領収証をもらっておきましょう!
もちろん、不妊治療費も対象になります。

妊娠や出産に関わるお金の手続きはめちゃくちゃ多いので、早め早めに準備や対応をしておくことをオススメします!

③出産したい病院選びのこと


妊娠が分かったら、出産する病院選びです。
出産という大仕事をする戦の場(笑)なので、あなたが納得をして出産に臨める場所を選ぶことが大切。

大まかに分けると、病院と助産院の2つがあります。
それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

【病院】
メリット
・持病があったり、出産時の急変やトラブルにもすぐ対応できる
・赤ちゃんの容態急変にもすぐ対応できる
・新生児室があるので、産後ゆっくりすることが可能な場合が多い
デメリット
・してみたい出産スタイルを選べない場合が多い
・健診と分娩の時で、担当のお医者さんが変わることがある
【助産院】
メリット
・陣痛促進剤や吸引などせず、自然なお産を希望できる
・会陰切開(おまた切ります)をしなくて済むことが多い
・アットホームな雰囲気で、気軽に何でも聞きやすい
・先生が変わったりしない
・してみたい出産スタイルや自宅で出産ができる
・体重・運動の管理をしっかりしてもらえる
・助産師さんと密接に関われる
デメリット
・容態の急変などに対応できないので、提携病院に搬送になる
・妊婦健診の助成券が使えない(上限はあるけど、還付金を返金してくれる制度があります)

大きくて有名な病院だと、予約(予約できないところもあります)しても2時間はざらに待たされることもあったりましす。
妊婦で2時間待つのは相当辛いです・・・。
初期はつわりで横になりたいし、後期は大きなお腹のお陰で腰が痛いし、私の場合はとにかく横になりたくて仕方なかったです。

そして、キレイで有名なところ=混みます。
退院する時も、出産を控えた妊婦さんが待っていると、追い出されるかのように送り出されます(笑)。
分娩予約金を払わないといけないところもあったり。(産んだら戻ってくるらしいけど)

私は、個人の産婦人科で出産をしたんですが、そこを選んだ理由としては・・・

○自分の家から通える範囲(もしくは通勤圏)
○口コミを見て評判の良いところかチェック
○分娩費用などが許容範囲か
○個室があるか
○ご飯が美味しいか(笑)

でした。

そして、妊娠が分かってからすぐに病院を探さずにのんびりしていると、“ お産難民 ”(予約が取れずに出産する病院が決まらない)になるという噂を聞いたので、結構早い段階でいくつか候補を挙げておいた記憶があります。

もし回りに妊婦さんやママのお友達がいるなら、色々と聞いてみると良いと思います♪
初めての記念すべき出産を、ステキな思い出にできる良い場所が見つかることを願っています!(私は助産師さんの当たりが悪く、めちゃスパルタだったので、ため息つかれたり怒られながら出産した悲しい思い出となりました・・・助産師リサーチも必須かも・・・ちーん)

慌てずに出産準備を進めるために

初めての出産なら、誰でもハテナだらけのお金や申請書類のこと・・・。
ホントわずらわしいですよね(笑)。
でも、とっても大切で必要なこと。
事前に調べておくことで、あなたのマタニティライフはとっても良いスタートを切ることができるはず♪

あなたのハテナのお役に立てますように。

参考文献:妊娠・出産の予習BOOK

関連記事子どもが生まれる前に準備【マタニティ&ベビーグッズのこと】子どもが生まれる前に準備【体の変化のこと】


0

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
のんちゃん
のんちゃんfamy編集部
私は一児の子を持つ働くママです。
思い悩んでしまった時に、そっと助けてくれるような場があれば、世の中のパパとママがもっと笑顔になれるはず!私はそう信じています。
皆さんと一緒に、famyを盛り上げていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします!