完全ミルク育児で育てた私の体験談!完ミで育てた結果は…元気すぎた

この記事を読んでいるあなたは、自分の育児に少し不安に思っているところでしょうか。

「母乳は出た?」とか「ミルクばっかり飲ませてて大丈夫?」とか「ちゃんと母乳で育てないとアカンで。」とか・・・。

これは、私が娘を生んだ時に言われた言葉です。

「うるさいわい!」(笑)

きっと、これを読んでいるあなたも同じような言葉で傷ついたりしているのではないでしょうか。

授乳のたびに、乳頭マッサージを5分ずつして、出ないおっぱいを娘に吸わせてみて、でも出ないからギャン泣きで怒られ・・・
夜中は眠たすぎて白目をむきながらしてました(笑)。

この一連の流れを約1ヶ月し続けましたが、すこーしにじむ程度でした(号泣)。
結局、母乳の分泌が止まってしまい、どうあがいても母乳育児ができないようになってしまったんです。

こんな経緯があってミルク育児になった訳ですが、娘はスクスク育ち、大きな病気も全くせずに子怪獣になりました(汗)。

ミルクだってママの愛情があれば全く問題ないんですよ♪
大丈夫!あなたの愛情はちゃんと赤ちゃんに届いています!

では、ミルク育児に自信満々!famy編集部の私の体験談をチェックしていきましょう♪

完全ミルク育児について

ではこれから、私が体験したことミルク育児だって母乳育児に負けてない!と思ったあれこれを紹介していきますね。

私が完全ミルク育児にした理由

私が完全ミルク育児にした理由は、冒頭にもあげましたが、とにかく母乳の出が悪かったからです。
ほぼ「出ない」に等しいくらいでした(汗)。
娘を生んだ産婦人科で、退院する前にも助産師さんにマッサージしてもらったし、母乳外来にも通ったし、家でも授乳のたびにマッサージをしました。

退院時、娘に黄疸が出ていたので、「いっぱい飲ませて、いっぱいおしっこを出させて。」と言われていました。(黄疸の原因物質は、おしっこで排出されるそうです)
今思えばですが、焦る気持ちで余計に出なかったのかもしれません。

そして娘を生んで1ヶ月ほど経った、ある日の母乳外来でのできごと。
とうとうその日が来てしまったのでした。

助産師さん「どんな感じですか~?ちょっとおっぱい見せて下さいね~。」
「相変わらず出ないです(涙)。」
助産師さん(おっぱい触る)
(痛いな~・・・)
助産師さん「・・・お母さん、これ分泌止まってるわ。」
「へっ?!」
助産師さん「触ってみた感じ、おっぱいの張りも戻ってきてるし、母乳の分泌が止まってるね~。」
「うそー!!!」
助産師さん「母乳で育てたいっていうこだわりはある?」
「周りにも言われるし、できればそうした方が良いのかなって思ってましたけど、もう出ないんですよね・・・?」
助産師さん「うん・・・。もしこだわりがなくてお母さんがミルクでも良いって思うなら、完全にミルクに切り替えてみるのはどう?」
「・・・。」
助産師さん「今のミルクは技術が進んでいて、母乳とほぼ同じ成分で作られてるから、安心して飲ませられるよ!こんなお母さんいっぱいいるし、大丈夫よ!」
「・・・そうなんですか?はい。そうします・・・。」

とこんな感じで、ミルクに切り替えることになった訳です。
確かに助産師さんに言われる前から、おっぱいの張りやギンギンに熱をもって痛かった感じが、最近マシになって来た???なんて薄々気がついてはいましたが、まさかこんなことになるだなんて思ってもいませんでした。

母乳って、出たらその分補充して・・・というサイクルで作られるので、出ないとストックがまだあると思って作り出さないんだそう。
だから私の場合、いつまでも母乳が残ったままだから、必要がないんだと判断されてしまい、分泌がストップしてしまったんですね。

でも、この時同時にホッとした気持ちもありました。
もうあの焦りやプレッシャーからおさらばできる!
授乳のたびにマッサージしなくて済む!(おちくびさまがすごく痛いのです・・・)

あの時助産師さんがそう言ってくれてなかったら、私はストレスいっぱいの毎日を送り続けていたかもしれません。
出なかったことに関しては残念な気持ちもありましたが、授乳という娘とのコミュニケーションがイライラするものにならなくて、本当に良かったと思っています。

お陰さまで、大きな病気ひとつせずに健康に乳児期を過ごし、1歳2ヶ月でミルクを卒業しました♪
今では、こんなに活発で元気ですよ♪


彼女は何を目指しているのでしょうか(笑)

「これは体質。私は何一つ悪くない!だって娘を立派に育てているから!」

と今では自信を持って言えます♪

完全ミルクの6つの良いところ

私が感じた、完全ミルク育児の良いところをいくつかピックアップしてみました♪

1.どれだけ飲んだか分かる
母乳の場合、飲む前と飲んだ後に体重計で赤ちゃんの体重を計って、どれだけ飲んだのかを調べます。その点ミルクは哺乳瓶に目盛りがついているので、一目瞭然です。

2.薬が飲める
私は花粉症がひどくて、薬は絶対必須なんですが、そんな辛い時期も薬が飲めてルンルンで春を乗り越えました。

3.お酒が飲める
毎日寝不足だったので、飲むと眠たくなる私の場合はあまり飲みませんでしたけどね。特別な日(お食い初めとか、初節句とか)に少したしなめるのは嬉しいですね。

4.場所を選ばず授乳できる
授乳室を探さなくても、ササッと授乳できます。飲食店にいてもその場ですぐにあげられるので、お腹が空いて泣いていたとしても助かりますね。でもマナーは守りましょうね。

5.赤ちゃんの顔が見える
母乳でももちろん見えますが、一生懸命ミルクを飲む愛らしい顔をしっかり見ることができます。時々息継ぎなんかしたりして、本当に可愛いし癒されます。

6.ママ以外でもあげられる
パパでもミルクをあげることができるので、パパともコミュニケーションがしっかりとれます。
そして、どうしても1人で出かけないといけない時に、おばあちゃんなどにも預けやすくなります。

ちょっとガマンするところ4つ

逆にこれはガマンかな~と思うことも、少しピックアップしておきますね。
でもやってみたら意外と平気になる(何とかなる)ことばかりです♪

1.ミルク代がかかる
粉ミルクって結構いいお値段するんですよね(汗)。
月齢が進むにつれて、飲む量も増えるので大きなサイズ(1缶3000円前後)を買っても1週間でなくなりました。(ヒエ~)
また、せっかく作ったのに全然飲んでくれない時は、衛生的に取り置きできないので捨てないといけません。(号泣)

2.哺乳瓶の乳首のサイズを変えないといけない
月齢が進むと、吸う力が強くなってくるので、乳首のサイズを変えないといけません。
穴の大きさやカットの仕方によって、一吸いで出てくる量が変わります。
吸う力は強いのに穴が小さいと、思うようにミルクが出てこなくなるので怒ります(笑)。

3.消毒が大変
使った哺乳瓶はその都度消毒が必要です。
方法は色々ありますが、私はレンジで消毒できるスーパー便利な物を買いました♪

4.荷物が増える
おでかけをする時も、ミルク・哺乳瓶・お湯を入れた水筒をセットにして持ち運ばなくてはいけません。
その他にも、オムツや着替え、ベビーフードに自分の荷物でママバッグはパンパン!
とにかく重いです・・・。
今は、ベビールームも設備が良くなって、調乳用の湯沸かし器があるところが増えてきているので、事前にチェックしておくと荷物を減らすことが可能です。

私のオススメミルク

私が使っていた粉ミルクを紹介します♪
この2つは、何となく香りも似ていて娘も好んで飲んでいました。
この2つは、粉ミルクの中でも少し高いのですが、安いミルクだとうちの娘はあまり飲んでくれませんでした。(贅沢者めっ)

明治 ほほえみ

母乳サイエンスから生まれた粉ミルク
内容量:800g メーカー希望小売価格:2,630円(税別)

【オススメポイント】
①アラキドン酸とDHAが、日本初で母乳の範囲まで配合されている。(赤ちゃんの発育・発達に欠かせない成分)
②全国のママさんか母乳のサンプルをもらい、母乳栄養と同じ成長ができるように研究されている。
③キューブタイプもあり、持ち運びにも便利。

詳細はコチラ

ビーンスターク すこやかM1

母乳成分配合
内容量:800g メーカー希望小売価格:2,600円(税別)

【オススメポイント】
①「母乳から赤ちゃんのすこやかな発育に大切な成分を発見し、厳しい基準で選んだ素材を粉ミルクに配合する」ということにこだわりがある。
②免疫力を高めるという点もこだわりがある。(M1のMは免疫のMだそうです 笑)
③私がお世話になった産婦人科でも使われている。

詳細はコチラ

完全ミルク育児があなたの自信になるように

ミルクで育てて何がいけないの?って常々思っていました。
だってミルクを卒業した娘は、母乳で育った子と何も変わらないんですもん。

だから、あなたも自信を持って下さい。
周りに何て言われようが、育てるのはあなたなんですから。

昔の人ほど、母乳で母乳でって言いませんか?
言ってやって下さい。
「もう時代は変わったんだよ。」って(笑)。
そして、世の中には完全ミルクで育てているママがたくさんいます!
あなただけじゃないんですよ。

自信を持って胸張って、あなたのミルク育児を貫いて下さい。
ミルクだって愛情いっぱいで育てられます。

あなたと赤ちゃんのミルクタイムが、もっともっとハッピーな時間になりますように。


5+

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
のんちゃん
のんちゃんfamy編集部
私は一児の子を持つ働くママです。
思い悩んでしまった時に、そっと助けてくれるような場があれば、世の中のパパとママがもっと笑顔になれるはず!私はそう信じています。
皆さんと一緒に、famyを盛り上げていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします!

関連キーワード

famy(ファミー)とは?

世界中のあらゆる家族がいつでもどんな時でも、ワクワクになれる情報メディアサイトです。
子どもたちはパパとママが大好き。パパとママがワクワクしてキラキラ輝いている姿を見るのは、もっともっと大好きです。
famyは、世界中の家族が幸せになれるワクワクであふれた世界を目指しています。
 famyについてもっと詳しく!