出産準備の不安解消!知りたい【マタニティ&ベビーグッズ】について

はじめに

ここでは、子どもが生まれる前に準備【お金・書類・病院のこと】の続編として、出産前に準備しておくと安心なこと【マタニティ&ベビーグッズ】をfamy編集部の私の体験談もまじえて、ピックアップしてまとめています。

特にベビーグッズって、名前が色々あってどれがどれなのか分からないことがたくさんありました・・・。

「肌着の名前が色々ありすぎて、どのことを言ってるのか不明・・・」「季節によって肌着は変えなきゃいけないの?」とか、本当にハテナだらけでした。
実際に着せ方を間違っていたこともありましたから(笑)。

私のような間違いを避けるためにも、この記事を読んで事前に予習をしておけば大丈夫!

これから生まれてくる可愛いわが子が不憫な思い(笑)をしないためにも、一緒にチェックしておきましょう♪

出産前に準備しておくと安心なこと

ここでは、私が「コレ便利だった!」と思うグッズを、マタニティとベビーに分けて紹介しています。
特にベビーグッズに関しては、性別が分かればある程度準備しておくことをオススメします。
お腹が大きくなった後期に買い物に行くと、本当にしんどいです。(経験者)

オススメのマタニティグッズ&ベビーグッズのこと

マタニティグッズ

腹帯(妊婦帯)


5ヶ月に入ると、戌の日もあって腹帯を巻くこともありましたが、何せ腹帯って長いのなんのって。
巻くの大変、夏場だと暑いし大変、洗濯して干すの大変・・・。
ということで、私は1回しか使いませんでした。ちなみに2人目のときも・・・。

今では、簡単なタイプの腹帯(妊婦帯)も色んな種類があります。
私はマジックテープタイプを使っていました。
特に後期になると、大きなお腹を支える補助をしてくれるので、腰痛とかもかなり楽でしたよ♪

マタニティ下着

初めてマタニティパンツを手にした時は、あまりのデカパンぶりにためらいすら感じましたが、はいてみると「まぁ、なんて楽なのかしらん♪」の安心感でした(萌え)。

そしてブラは、楽チン重視でノンワイヤーブラか、ユニクロのブラトップを愛用していました。
ブラは、パカっとカップが外れるタイプで産後の授乳にも便利なものを選びましたよ。

マタニティ服

中期くらいから少しずつお腹がふくれてくるので、普段着ている服がきつくなってきます。
お腹周りだけでなく、胸も大きくなるので要注意です。

私は初産ということもあってか、小さめのお腹だったのでワンピースであれば普段着ていたものでまかなえました!
買ったのはパンツとタイツくらいかな。
タイツはすごく楽でしたけど、パンツはお腹のボリュームが足らずで、歩くとずり落ちるという恥ずかしいことになっていましたが・・・(笑)。

靴はもちろんぺったんこが一番楽です!

パジャマも1着だけ買いました。
産後も使える、授乳口つきのタイプです。
授乳口がついていると、パジャマを脱がなくてもおっぱいだけをボヨンと出すことができるので、寒い冬の夜中の授乳にはとっても便利です。

マタニティマーク

妊娠初期や、まだお腹が目立たない時は周りの人に妊婦だと気づいてもらえないことがほとんどです。
特につわりでしんどい初期の頃は、電車で立ちっぱなしになって辛かったのを覚えています。
でもこのマークをつけていると、妊婦だと気づいてくれて席を譲ってもらえたこともありました。
体調がすこぶる悪い時は、本当に席を譲ってもらいたかったんですが、体調の良い日なんかは「席譲って~」のプレッシャー的なものを与えているのではないかと、ドキドキすることなんかもあったり(笑)。
でもそんな体調が良い時でも、親切に声を掛けて下さった時は、断らずそのご好意をありがたく受け取りましたけどね。

ベビーグッズ

ベビーの寝床

ベビーベッド?ベビー布団?親と同じ布団?
めちゃ悩みましたが、私はベビー布団にしました。

ベッドは使わなくなった時に場所を取る分ジャマだし、親と同じ布団は寝ている間にふんずけてしまうんじゃないかと不安に思ったので、この選択に。

今年で3歳になる娘ですが、私のせんべい布団の横にベビー布団を敷いて、和室で寝ています。大きさ的にも全然余裕です。
寝付くまでは私の布団で添い寝をしないと寝ないときもあるので、私も一緒に寝落ちしてしまった時は、朝まで私の布団で寝ている時もあります。

そして将来的にオムツが外れて、おねしょが気になり始めることを考えると、丸洗いできる布団がオススメです!

半年くらいまで、昼間はハイローチェアに寝かせていました。
三段階のリクライニングなので、イスにしてテーブルをつければ離乳食の時なんかも使えたので、ねんねの時期以外でも何かと便利でした。

ベビーバス

ベビーバスも色々と種類があります。
プラスチックのBOXタイプ、空気を入れてふくらますタイプ・・・。

私は、折りたたみで収納ができる、プラスチックのBOXタイプを使用していました。
沐浴の時期の生後1ヶ月までしか使わなかったので、正直買うのはもったいないと思います。(1ヶ月検診が終わると、大人と同じお風呂OKになるので、その後はずっと一緒に入ってました)
私の場合は、義理の妹から譲り受けたものを使っていたのですが、それで十分でしたよ。
レンタルもできるので、ベビーバスに関しては購入しなくても良いかな~と、個人的には思います。

お風呂に一緒に入るようになると、自分が洗っている間に待たせておくバスチェアが重宝します。
これは2歳になるころまで使っていました。早くから使っていたせいか、ママが洗っている間はここに座って待つもんなんだと思っていたようですよ。(にやり)
おもちゃを渡しておくと、案外大人しく待っていてくれますよ。

私は、海やプールにあるようなビーチチェアのような形のものを買いました。
三段階のリクライニングも可能だったので、成長に合わせて調節ができるのは便利ですよ♪

おくるみ


わが子は冬生まれだったので、おくるみにブランケットで更に巻いて、とにかく寒くないようにしていましたが、これは検診に行った時だけの話。

わが子は、くるまれるのが嫌だったのかクルクル巻かれると、それはもうギャン泣きでした・・・。
『嘘のように泣き止む』とか『赤ちゃんが泣き止む魔法の巻き方』とか、そのフレーズに大きな期待を抱いて、ネットで話題になっていた “ お雛巻き ” というのをやってみました!

ワクワクドキドキ・・・

「ウギャーーーーーー!!!!(やめろやーーーーーー!!!!←私にはこう聞こえた)」

結果的にせっかく買ったおくるみは、必要な時期には全く使えませんでした・・・。
(退院時も病院からベビー服とおくるみをもらいましたし。)
ただ、正方形や長方形のおくるみなら、大きくなってもお昼寝の時にブランケットの代わりに使ったりしているので、まぁ無駄にはなっていないかな~という感じです。

ベビー服

ベビー服って種類がいっぱいあって、名前もよく分からなかったりして買う時にめちゃ悩んだ思い出があります(笑)。

ざっくりまとめてみると・・・

肌着
・短肌着


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%92Z%94%A7%92%85&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37

・長肌着


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%92%B7%94%A7%92%85&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37
・コンビ肌着


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%83R%83%93%83r%94%A7%92%85&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37
・ボディスーツ


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%83%7B%83f%83B%83X%81%5B%83c&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37

・2WAYオール


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=2WAY%83I%81%5B%83%8B&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37

・カバーオール(ロンパースとも言う)


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%83J%83o%81%5B%83I%81%5B%83%8B&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37

・ショートオール


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%83V%83%87%81%5B%83g%83I%81%5B%83%8B&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37
・ベビードレス


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%83x%83r%81%5B%83h%83%8C%83X&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37

その他

・スタイ(よだれかけの事)


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/srvlt/EPFB00/EPFB0005/dProdDtlShow?BELN_SHOP_KBN=100&KAT_BTGO=A59765_441_2013_O&SHNCRTTKKRO_KBN=03

・レッグウォーマー(ハイハイし始めると結構便利)


(参考サイト)
http://www.bellemaison.jp/ep/s/?BELN_SHOP_KBN=100&K=%83%8C%83b%83O%83E%83H%81%5B%83%7D%81%5B&RK=1&SHNCRTTKKRO_KBN=37
・オールインワンコート(歩き出してもしばらく着せてました。お外遊びの時に服が汚れなくて便利!)


(参考サイト)ユニクロ(季節商品のため、冬季の取り扱い)

>>ベビー服を準備するなら<<

肌着は、寝返りする前のねんねの時期は、短肌着か長肌着。
手足をバタバタ動かすようになって来ると、裾ががめくれてお腹が出ないように、コンビ肌着やボディスーツがオススメです。

服は、2WAYオールが使いやすいです。
これは、ボタンの留め方でスカートの様にもなるしズボンにもなるので、成長に合わせて形を変えることができます。

首が座ってきたら、かぶるタイプのカバーオールも着せやすいですよ♪
おまたの所がボタンになっているので、オムツ替えも2WAYオールと変わりません。

ベビードレスに関しては、セレモニー用なので1~2回程度しか着ないと思います。
私は、これもまた義理の妹から譲り受けたもので済ませました。
使用頻度がかなり低いので、買うのはもったいないと思います。

また、季節によって(特に新生児の場合)肌着などの着せ方も変わるので、これも簡単に紹介しておきますね♪

【春・秋生まれ】
短肌着+長肌着orコンビ肌着or2WAYオール
→お家で過ごす時は、短肌着と長肌着を重ねて着せると良いかも
【夏生まれ】
短肌着のみ
→エアコンが気になる場合や外出時は、上から長肌着か2WAYオールを着せると良いかも
【冬生まれ】
短肌着or長肌着+2WAYオール
→冬は室内はどこに行っても暖房が入っているので、あまり厚着をさせなくてもOKです。でも外に出る時は、靴下とおくるみでがっちり防寒をして下さいね。

授乳クッション

これはあった方が絶対に便利です!
首の座らないわが子を支えながら、おっぱいをくわえさせるのは腕が疲れるし、身動きが取れないので変に肩や腰が痛くなります。

授乳クッションだと高さも良い具合だし、膝の上に置くだけでOK!
その上に赤ちゃんを乗せるだけなので、体も楽でした♪

ちなみに、私が使っていたクッションは妊婦の時は抱き枕として、産後は授乳クッション、赤ちゃんのお座り補助やお昼寝用としても使えたので、かなり使い込みましたよ。

マタニティライフをワクワクさせるために

今ではマタニティ服もオシャレなものばかりですし、お腹に制限されて着たい服が着れない!なんてことも少なくなりました♪
そして、産後も着れるものがほとんどなのでムダにならないのが嬉しいところですね♪

赤ちゃんも新生児の時期を越えて、どんどん成長してくると可愛いベビー服を着せることも増えます。
特に女の子の服は本当に可愛い!
どんどんついつい買っちゃいますよ。ホントに。

いつかわが子とリンクコーデができる日を夢見て・・・
ワクワクなマタニティライフを送って下さいね♪

関連記事子どもが生まれる前に準備【お金・書類・病院のこと】子どもが生まれる前に準備【体の変化のこと】


1+

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
のんちゃん
のんちゃんfamy編集部
私は一児の子を持つ働くママです。
思い悩んでしまった時に、そっと助けてくれるような場があれば、世の中のパパとママがもっと笑顔になれるはず!私はそう信じています。
皆さんと一緒に、famyを盛り上げていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします!