旦那が原因?意外と知らない子育て中の妻が怒る理由とは?

はじめに

子どもが生まれて、奥さんの様子が変わったと感じていませんか? 小さなことでイライラされたり、怒られたりしますよね…

「え? なんで怒ってんの?」と喧嘩になることがあるのではないでしょうか? これは子どもが生まれた後、多くの夫婦に見られる現象なんです。

この現象には、大きく分けて2つの原因があります。

1つは出産後のホルモンバランスの変化。

もう1つは旦那さん、そうあなたです!

「え?俺が原因?」と思う人や、「やっぱり俺かぁ…」と思う人もいるでしょう。もしかしたら、あなたの普段の行動が奥さんをイライラさせているかもしれません。

「子育てで疲れているのは分かるけど、俺だって仕事で疲れているんだよ! ゆっくりさせてほしい…」と思うかもしれませんが、最悪の場合、「離婚」の文字を差し出されるかもしれません。

そうならないためにも、原因を詳しく知っておきましょう!

イライラの原因

先ほども言いましたが、出産後のイライラには大きく分けて2つの原因があります。

1.ホルモンバランスの変化

2.旦那さんの行動

それでは順番に説明していきます。

1.ホルモンバランスの変化

女性にはホルモンバランスの変化が多く見られます。男性でも知っている症状だと「生理」があります。

何か今日イライラしているな~と思ったら、実は生理だった… そんなときはありませんか?

これは、女性にだけ見られる症状ですので、男性には体感できない問題です。生理に関わらず、ホルモンの変化は男性だとなかなか体感しないものです。

出産後も同様に、女性のホルモンには変化が起こります。

それが原因で喧嘩をした方もいると思います。

すごく理不尽に、イライラをぶつけられるときもありますよね…

確かに、女性ホルモンの問題は男性であるかぎり、体感することは不可能です。

しかし、理解してあげることはできます。

イライラしている奥さんに対して反抗的になるのではなく、「生理現象」だと、一度受け止めてあげることも大切です。

もし言いたいことがあるのであれば、それを踏まえた上で発言してみましょう!

2.旦那さんの行動

あなたの行動が原因と言われても、正直分からないですよね。

もしかしたら、奥さんに言われている方もいるかもしれませんが…

男性からしてみると、「それで、そんなに怒るの?」と思うかもしれませんが、ホルモンバランスの変化も重なると、ちっさなことでもイライラしてしまうのです。

人はそれぞれ考え方は違いますし、あなたが思う「普通」と奥さんが思う「普通」も、もちろん違います。昔は普通だったことも、子どもが産まれて変わることもあります。それはどうしてか?

子育てをしているからです。

子育てというのは、24時間体制で赤ちゃんに付きっきりでお世話をしなければいけません。自由な時間がなくなるので、寝たいときに寝られず、やりたいこともできず、家事すら手に付かない状態になります。

実際に毎日体験してみないと分からないことですが、男性が思っている以上に大変なんです。

もちろんお仕事をして、疲れているあなたも大変だとは思いますが、ほんの少しの気遣いで今後の関係が変わってきます。

今回「これはやめてっ!」と思う旦那さんの行動をピックアップしてみました。

・服を脱ぎ散らかす

・やっと寝てくれた赤ちゃんを起こす

・テレビで子育て

・なんでもママ任せ

思い当たる行動はありましたか?

では詳しく見ていきましょう!

・服を脱ぎ散らかす

パジャマや私服を脱ぎ散らかしていませんか? 確かに服をたたむのはすごく面倒くさいことです。「昔はやってもらっていたし、ずっと家にいるんだから、そのくらいしてくれよ」と思いますよね。しかし何度も言いますが、子育てというものは家事も手に付かないほど自由な時間がなくなります。自分でできることはしてほしいのです。奥さんが赤ちゃんのお世話をするのは、まだ1人では何もできないからで、自分のことができるあなたには少し協力して、手助けをしてほしいのです。

・寝てくれた赤ちゃんを起こす

仕事終わりに家に帰ったら愛する子どもの顔を見たいものですよね。その顔を見るだけで疲れが癒されます。だから、たとえ赤ちゃんが寝ていたとしても「寝顔だけでいいから見たい!」と近づいてしまいます。しかし赤ちゃんは、たったそれだけで起きてしまうことがあるのです。

「起きちゃったくらいいいじゃないか!」と思うかもしれません。

ではどうしてイライラさせてしまうのか?

それは、奥さんが時間と体力を使って寝かしつけたからです。さらには、赤ちゃんが眠ってくれたおかげで、やっとできた自由な時間がなくなってしまうことが原因です。

起こしてしまったときは、旦那さんが寝かしつけてあげましょう! 奥さんも喜びますよ!

大変だとは思いますが、挑戦してみて下さい!

・テレビやスマホで子育て

「子どもの面倒をみてて」と言われ、テレビやスマホを見せていたら怒られた。こういった経験はありませんか?

それは、子どもの面倒を見ているうちに入りません。テレビは子どもにとって楽しいことです。しかし、必ずしも正しいとは限りません! 小さい頃から長時間画面を見ていると、遺伝に関係なく目が悪くなってしまいます。その他にも睡眠障害や、コミュニケーション能力の低下にもつながります。

子どもがテレビを見ている間に、自分の好きなことをするのではなく、しっかりと子どもと向き合って、面倒をみてあげましょう!

・なんでも奥さん任せ

「ママじゃないと泣きやんでくれない」「ママ、おむつ変えないと」「ママじゃないと、ご飯食べてくれない」など、 身に覚えのあるのではないでしょうか?

確かに奥さんは、子どもと接する時間が長いこともあって安心される存在となっています。

「ママじゃないと…」と思うかもしれませんが、だからといって何でもかんでもママに任せると、今度はママの負担が大きくなってしまいます。

そういったところから、奥さんのイライラが生まれてしまいます。

奥さんも同じように、子育てを誰かに任せたいと思うときがあります。しかし大切なわが子を見知らぬ誰かにお願いするわけにはいきません。だから旦那さんであるあなたを頼りたいと思っているのです。

上手くいかないことや、不安になることも多いとは思いますが、最後までやりぬきましょう! そうすると子育てにも慣れていき、自信をもって子どもと向き合えるようになりますよ!

今回は代表的なものを4つ挙げましたが、イライラには様々な原因があります。こういうことが積み重なると奥さんは旦那さんのことが嫌いになり、最悪の場合「離婚」の文字を差し出されます。

この先どうしていけばいいか…

子育ては押し付け合うものではなく、親としての義務です。

旦那さんが外に働きに出ていることもあって、主に奥さんが子育てをしていますが、決して女性だけの仕事ではないということを覚えておきましょう!

もし子育てが苦手なら、家事を手伝ってあげましょう! 奥さんの仕事を少し請け負うだけでも喜んでくれますし、イライラも減るでしょう。

子育てでも家事でも、あなたが少し「手伝うよ」と声を掛けてやってあげることで、ママが休める時間は作ってあげられるはずです。

お仕事で疲れていて手伝うのもしんどいかもしれませんが、ほんの少しの気遣いでも奥さんは喜んでくれますよ!

あなたのできることから始めていきましょう!

さいごに

いちばんやってはいけないことは、子育てを理由に夫婦喧嘩をすることです。

子育てをしていると、毎日のように悩みや不安が出てくると思います。それを理由にイライラをぶつけ合ったりしていると、子どもが傷ついてしまいます。

言葉のわからない赤ちゃんに対しても、影響がないわけではありません。

0歳児に絵本を読んで効果があるように、赤ちゃんは赤ちゃんなりに感じ取ることができるのです。

子どもが理解している、していないではなく、子育てを理由に喧嘩をしないようにしましょう!


0

←記事がいいと思ったら押してね!

みんなとシェアする

この記事を書いた人
けーた
けーたfamy編集部
大学では絵本の勉強をしていました、子ども大好きな、けーたです!
famyでは主に動画の撮影、編集をしています!
さらにfamyの公式キャラクター全般のゴーストライターも…?(笑)

子どもの笑顔は世界の宝です!その笑顔をつくりだせるのは、周りの大人たちです!
子どもの笑顔のためにも、ワクワクしながら子育てができるような、サービスを提供していきますので、一緒にfamyをつくっていきましょう!

関連キーワード

famy(ファミー)とは?

世界中のあらゆる家族がいつでもどんな時でも、ワクワクになれる情報メディアサイトです。
子どもたちはパパとママが大好き。パパとママがワクワクしてキラキラ輝いている姿を見るのは、もっともっと大好きです。
famyは、世界中の家族が幸せになれるワクワクであふれた世界を目指しています。
 famyについてもっと詳しく!